logo_700_160.gif

ご覧いただきありがとうございます。

 

アマチュア無線局 JF1VRRです

 

無線運用、電子回路の実験、自作機器、
エレクトロニクス一般についての趣味のサイトです

2SC1815GR 同調型1石アンプを作る

2SC1815_同調AMP03.jpg

2SC1815のトランジション周波数(fT)を見ると80MHzとなっていますので、7MHzくらいなら余裕で増幅してくれそうなので、7MHzの同調型1石アンプを作ってみました。例によってまずはLTSpiceによるシミュレーションからです。

使用したトランジスタは2SC1815GRです。ネットから持ってきたデバイス・モデルではhFEが300となっています。回路はCQ出版の「定本 トランジスタ回路の設計」を参考にしました。この本では2SC2671 fT 3.5GHzを140MHzで使っていますが、ここでは7MHzとしました。

回路は上記のように一般的なエミッタ接地回路ですが、コレクタ側に並列同調回路を持っています。この同調回路を7MHzに共振させるにはコイルを5uHとすると、コンデンサに102pFが必要です。ただ、あまりにも特性がシャープなので、そのままシミュレーションすると出力波形が歪みますので、1KΩの抵抗を抱かせてQを下げています。

シミュレーションにおいて、入力が無い状態(sigV=0V)で各部の電圧を見ると、

ー> 2SC1815GR 同調型1石アンプを作る

(JF1VRR)