トランスレス整流管 35W4

投稿日 2017/05/19

35W4はトランスレス・ラジオの整流管です。ほとんどのトランスレス五球スーパで使われていると言っても過言ではありません。

35w4_01.jpg

東芝のラジオ「かなりや」で現役で使われている35W4

 

 

ヒーター電圧は35.0V。ヒーター電流はトランスレス標準の150mAです。

 

関連記事: トランスレス球のヒーター特性

 

 

例によって無負荷での静特性計測ですので、最大プレート電流(35W4の場合100mA)を守って、低いプレート電圧しか印加できません。実際のラジオではプレート電圧はAC100Vが印加されますが、直列に負荷が加わります。

 

35W4のベースピン配置は5BQです。5BQの球は35W4のほかに25DK4、36AM3、36AM3-A、36AM3-B、50DC4があります。

5BQ.jpg

ヒーターに中点があり、トランスレス・ラジオにおけるパイロット・ランプを接続できるようになっています。

35w4_02.jpg

35W4の電圧 - 電流特性

35w4_03.jpg

35W4の電圧 - 電流特性

ヒーター電圧 10%から100%(35V)まで

40%まではエミッション不足で飽和しているが、

50%以上は正規の特性に近い

 

 

計測結果から、35W4はヒーターのエミッションに余裕をもって設計されているようです。ヒーター電圧50%(17.5V)でも正規の特性に近いプレート電流が流れるようです。

 

35W4はトランスレス・ラジオの整流管として多用されていますが、整流管ということと、ヒーター点火時の負担などから寿命の短い球と言えます。

 

 

 

35W4 東芝 No.389

 

 

 

 

(JF1VRR)