陣見山から秩父方面

投稿日 2017年11月19日

20171117_陣見山パノラマ1_1TW.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

榎峠と陣見山の間の林道から

2017年11月17日撮影

 

 

 

風の強い日の翌日、この日は登山日和となった。

 

朝方寒かったが、昼近くになって木漏れ日がここちよい。

 

陣見山 標高531mは荒川に沿う秩父往還の往時の往来を見下ろすような位置にある。秩父に入る、または来る道が、荒川が削って瓶のネックのように細い峡谷を通っている。今でもそこには国道140号と秩父鉄道が荒川ぎりぎりに通るばかり。山を越えずに秩父に入るにはここしかないのだ。

 

陣見山の山頂は残念ながら展望が得られないが、榎峠から陣見山に向かう途中、尾根筋の登山道が林道に降り立つところがあり、そこからは南西の展望がある。

 

眼下は長瀞の町。美の山の向こうには三角形の頭をもたげた武甲山がある。霞んでいるが、武甲山の麓には秩父の町。

 

時折、秩父鉄道を走る貨車が、ピーーっと鳴らしながら、コトンコトンと走り去るのが聞えてくる。今日も石灰岩を満載して運んでいる。

 

山仕事の人と話をしながら、荒川が光る山里を眺めつつ、なんとものどかなひと時を過ごした。

 

 

 

(熊五郎)