ガタソウ 諏訪山にて

投稿日 2016年05月24日

20160523_諏訪山21.jpg

そろそろ初夏の気配の志賀坂 諏訪山で可憐な花をみつけた。

 

山頂を後にして沢筋の道を歩いていると、ハシリドコロが現れたが、このクワガタソウもところどころに咲いていた。少し暗い沢筋だ。

 

可憐な花で、大きさはパチンコ玉ほど。

 

単に花びらが四枚なのではなく、よく見ると上下があり、左右が対象になっているようだ。下の花弁は小さいが、上の花弁は大きく赤い筋がより強調されて何本も入っている。

 

おしべは左右に分かれた二本で、花からはみ出るほど長い。中央にはめしべが手前に延びている。

 

この花を見ていると、ふと気付いた。

 

色は全く違うが早春の野原を青く染めるオオイヌノフグリ。こちらは真っ青な花だが、花弁の形やおしべが二本というところも似ている。

 

もう山はハルゼミが鳴き始め、初夏の雰囲気だった。

 

今年の夏は暑くなる予感。

(熊五郎)