2015年1月25日 快晴 閑馬の岩峰群と高鳥屋山 3名

投稿日 2015年01月25日

ネットで調べていると、栃木県佐野の閑馬(かんま)に面白そうな岩峰群が存在するのを知りました。

 

今年は元日から冷え込み、その後は周期的に冷たい雨も降ってなかなか動けませんでしたが、この日は風が無く、比較的暖かいとあって、早速、熊谷のYさんとAさん、三人で出かけました。

 

Yさんにとっては、年が明けていきなり道のない岩峰よじりの山行となったようです。

 

場所は栃木県の佐野、田沼の奥にある山域です。

この山域は目立ったピークはないものの、岩を秘めた興味深い山域です。

 

今回のルートのハイライトは、最初の1.5時間ほどで通過する6つの岩峰群です。

この岩峰群を通過したあとは、尾根伝いに大小ピークのアップダウンとなり、高鳥屋山に到ります。

 

名前のあるピークは高鳥屋山(たかとやさん) -- 栃木の山紀行による -- 514mのみです。

 

ほかはだいたい500m前後のピークです。小ピークも加えアップダウンの多い行程です。 

岩峰群以外にも急傾斜の斜面があり、尾根歩きと言っても気が抜けません。

 

下降は松阪に向かう尾根ならどれも利用できそうです。

等高線をよく読んで急傾斜がなく、できればルートがよくわかるやせ気味の尾根を選ぶべきですが、今回は左端にある516mのピークから派生する尾根を降りました。

 

たとえ地図上では明確な尾根でも、実際に歩いてみると、等高線と等高線の間に現れない急斜面があったり、特徴のない広い斜面になったりしてルートを見失うので注意が必要です。今回は尾根の下部1/6くらいのところで見失い右に逸れて、最後は植林帯の急斜面を無理やり降りるはめになりました。

 

降りたら、お楽しみは温泉です。今回は近くの佐野 赤見温泉に寄りました。

いくつかホテルや旅館があるようです。 日本名水百選のひとつ出流原弁天の湧水でも有名です。

 

今回は大正9年創業の「ホテル 一乃館」を利用しました。さすがに老舗のホテルだけあって、雰囲気は抜群。ゆっくりお湯につかって疲れを癒して帰途につきました。

20150125_閑馬岩峰群1.jpg

閑馬岩峰群と高鳥屋山周回ルート

車は沢口付近に駐車

金原の林道途中から尾根に取りつく

青線は道路または林道

赤点線は歩行ルート

青点線は予定ルート

全ルート雑木で覆われ、一部の斜面は植林帯

4峰付近は赤松が多い

祠のあるピークより上は赤いチャートが混じる尾根

一部、特に右側(東側)が絶壁の箇所もある

岩峰群以外にもルート上に急傾斜があるので注意

国土地理院の地図をもとにカシミール3Dで作成

 

全ルート道はなく全山踏み跡程度でアップダウンが多い

目印は様々な色のテープがあるが、少ない。

要所要所に目印テープはあるがあまり的確でない

ルートはほぼ忠実に尾根上を行くが、別の尾根が明確に派生する箇所もあるので注意

違う尾根に迷い込まないようルートファインディングが必要

ルートを外して傾斜のきつい斜面に入ると危険

急斜面の下降、登高では、雑木の低木は枯れが多く、頼ると危険

今回とった方向(1峰から6峰方向)では、急傾斜を下降することになる場合い。逆に辿れば急傾斜は登りが多くなると思われる

 

歩行距離

沢口の駐車地点から尾根取りつき点まで 2.5kM

尾根取りつき点から岩峰群、高鳥屋山、下降点まで 5.2kM

下降点から駐車地点まで 1.2kM

 全歩行距離 8.9kM

(カシミール3Dで計測した沿面距離)

 

通過時刻と(所要時間)

駐車地点出発 8:20 

尾根取りつき点 9:00 (0.40)

最初のピーク 9:53 (0.53)

岩峰群通過後の最初のピーク 11:20 (1.27)

祠のあるピーク(昼食) 11:27 11:52 (0.25)

高鳥屋山 13:18 (1.26)

下降点(別荘のある林道) 15:05 (1.47)

駐車地点 15:30 (0.25)

 

総所要時間 約7時間

 

温泉は赤見温泉を利用 (例 赤見温泉一乃館 お風呂だけ800円)

20150125_閑馬岩峰群2.jpg

沢口の出っ張り(233m)の少し奥に駐車

この日の朝は冷え込んで霜が降りていた

画面奥が松阪方面

金原方面に歩いていると地元のイノシシ狩りのメンバーと遭遇

赤見町町屋の神明宮

右奥に駐車できる

鳥居をくぐって階段を上がると社がある

階段の途中にイノシシ除けの柵がある

20150125_閑馬岩峰群3.jpg

金原の林道から見た岩峰群

右端が1峰、中央が4峰、左端が6峰

全部で6峰あるが、2,3,5峰は地図に出ないほど小さい

電柱より左のピラミダルなピークは約530mのピーク

20150125_閑馬岩峰群4.jpg

1峰に向かう尾根の取りつき点

林道が南に折り返ししばらく歩くと尾根を回り込むが

その先端に踏み跡が入っている

1峰までは雑木のうるさい尾根

途中少し下って暗い植林帯をぬけると放棄トイレがある

最後急傾斜になると少し左に寄って、右上に登り返す

林道らしきものは見当たらなかった

20150125_閑馬岩峰群5.jpg

1峰頂上からの4峰

この間に2,3峰がある

1峰からは尾根伝い(北西)に下りるべきだったが

北側の岩交じりの急斜面を下降

この斜面は要注意だが、降りると

岩の基部のバンド状をへつって稜線側にもどれる

20150125_閑馬岩峰群6.jpg

1峰の岩基部のバンド状をへつる

ここの通過は要注意

20150125_閑馬岩峰群7.jpg

1峰から少し進むと乗り越え不能の岩がある

赤矢印どおり左に少し降りて、岩の基部に出て右に回り込む

ペンキによるマークはここだけ

この後の大きな木の倒れている斜面は右上へ

20150125_閑馬岩峰群8.jpg

赤松が美しい4峰をバックに

尾根はやせており、気をぬけない

20150125_閑馬岩峰群9.jpg

ナイフエッジが現れる

トラロープがかけられている

慎重に降りる

20150125_閑馬岩峰群10.jpg

祠のあるピークへの尾根から眺める岩峰群

2,3,5峰は小さくて見えない

20150125_閑馬岩峰群11.jpg

尾根上の唯一の建造物? 

石の祠 明治廿年とある(右側はつぶれている)

南に飛び出た尾根の末端で日当たりがよい

ここで昼食

このあとは赤いチャートが混じる尾根の少し平凡なアップダウン

20150125_閑馬岩峰群12.jpg

地図上で松阪からくる道が通過する手前の下降

祠からここまでゆるいアップダウンだったのがここでまた急降下

この急降下は要注意

少し戻って左の岩の基部を回り込んだ

まっすぐ降りても行けるようだ

地図にある松阪からの破線の道には気がつかなかった(存在不明)

20150125_閑馬岩峰群13.jpg

高鳥屋山(松阪山)山頂(514m)

展望はよくないがゆっくり休めるピーク

日光の男体山が見えた

高鳥屋山への斜面でY氏がストックを落とす

20150125_閑馬岩峰群14.jpg

林道に降り立った

高鳥屋山から続く尾根の末端にある516mのピークから

南の尾根を下降

ただし尾根の派生点はわかりにくく

西に行きすぎて斜面を戻って尾根に乗った

下部1/6くらい尾根を見失い予定ルートからそれた

 

 

 

 

(熊五郎)