Treksta(トレクスタ) EBK156 TK325 バックウッズ 500(グリーン)

投稿日 2010年11月04日

久しぶりにトレッキングシューズを購入しました。

 

山を歩くときはもっぱら軽登山靴を使っていますが、

 

足首の保護、捻挫回避という意味では、登山靴は有効ですが、

 

ソールが硬く分厚いビブラムである必要は感じません。

 

快適に歩くには、軽くてフィット感のあるものに越したことはありません。

 

今回は日帰り山行で気軽に履いていくことを考えて一足揃えました。

 

Treksta(トレクスタ)のEBK156 TK325 バックウッズ 500(グリーン)です。

 

エバニューが販売しています。

IMG_4866w.jpg

Treksta(トレクスタ)のEBK156 TK325 バックウッズ 500(グリーン)


 

Treksta(トレクスタ)の靴はいろいろ出回ってますが、今回はBOA(ボア)システムと、

 

履き心地(フィット感)で選びました。

 

BOA(ボア)システムは、靴紐の代わりにワイヤを使用し、簡単なリールメカで締め具合を自由に選択できるシステムです。

 

登山では、大きくは登りと下りで締め具合を変えますが、このシステムの場合、リールメカを回すことにより、簡単に締め具合を調節できるため、斜面の角度や足の疲れ具合などによって、頻繁に締め具合を調整できそうです。

 

ただ、岩をよじったりすることもあるので、この細いワイヤとプラスチックのリールメカが壊れないか心配ですが.....

IMG_4867w.jpg

BOA(ボア)システム


 

ソールはHYPERgrip(ハイパーグリップ)で、オールラウンドで使用できるようです。

 

最近のソールはよく研究されていますので、グリップ感など、実際に歩いて試してみたいと思います。

IMG_4865w.jpg

ソール HYPERgrip(ハイパーグリップ)


 

足先はゴム質でカバーされており、かかとは透明のプラスチック?で硬く保護されています。

IMG_4868w.jpg

足先のカバーはヘビーな山歩きにはうれしい

 

とにかくフィット感は上々で、安いスニーカなどとは比べ物になりません。

 

長距離が歩けそうです。

 

実際に使用したら、またレポートします。




 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • この歯車みたいなので締めたり緩めたりするんですね。すごいですね。今の靴は走るのも、サッカーするのも、それぞれに履く人や用途に合わせて考えられているんですね。そんな上等な靴を持っていませんのでさっぱりわかりませんが、いかにも高級そうな感じがします。 2010/11/4(木) 午後 7:18

  • agewisdomさん、コメントありがとうございます。超高強度のステンレス鋼製ワイヤーだそうですが、タコ糸より細いようなワイヤーです。山で切れるとたいへんなことになりますので、ちょっと心配です。(笑) 最近の靴は非常にフィット感のいいものが出ています。この靴は高いというほどの価格ではありませんが、このフィット感だと買って損は無いと思います。(熊五郎) 2010/11/4(木) 午後 7:43