Master of Rock スーパーボルダリング

投稿日 2010年02月11日

ボルダリングという遊びがある。

 

河原や山に転がっている大きな岩を、何の補助もなしに登る。

 

高さは無いが、岩によっては、アクロバチックなムーブを要求され、

 

南アルプスの北岳バットレスの登頂よりもむずかし場合もある、

 

と言っても過言では無い。(比較には意味が無い)

PICT0408.JPG

秩父 波久礼付近の荒川の河原で(演技)

 

この本を買って、一時期ボルダリングを試してみたことがある。

 

山の帰りに、河原の大きな岩で練習してみたが、まったく歯がたたない。

 

将来出世して、広い庭の家にでも住んだら、大岩を庭に置いて、

 

毎日練習してみたいと思ったが、はかない夢と消えた。

ボルダリング1.jpg

Master of Rock The Biography of John Gill
ジョン・ギルのスーパーボルダリング Pat Ament著 平田紀之訳
発行:森林書房 販売:山と渓谷社

 

アメリカにジョン・ギルという有名なボルダラーがいる。

 

普段は一本指懸垂などで身体を鍛えている。

 

この本には、いかに彼が難しいルートを制覇してきたかが書かれている。

 

まさにMaster of Rock。虫も這い上がれないような岩を、しなやかな動きで踏破する。

 

彼はIBルックの似合う、チョボひげをはやしたダンディーで優しげな男だ。

ボルダリング3.jpg

以下は、私の想像の産物:

 

「片腕を岩の小さな突起に伸ばしたかと思うと、

 

両足は岩から離れ、彼の身体は一瞬空中に浮かんだ。

 

パンツの破けるような音がしたかと思うと、見る間に身体をねじり上げた。

 

このポイントでのムーブは、彼の行ったとおりでよかった。

 

しかし、彼は頭上に注意を払うのを忘れていた。

 

彼は勝てるはずのない岩相手の頭突きに敗れて、次の瞬間は地上の人だった。」



 

機会があったら、またやってみたいが、出っ張ったお腹がどうにもならない。




 

(熊五郎)

コメント(4)

  • ダイナミックな楽しみですね。確かに岩をつかんだ指先に力を集中するのでしょうね。制覇したときは爽快でしょうね。 2010/2/11(木) 午後 7:27

  • agewisdomさn、世の中にはいろんなことをやる人が居るものですね。なにも岩をよじ登らなくてもと思いますが、著者は本の中で「何事かを巧みに成し遂げる喜び」と言っています。木登りでも何でもよいのですが、ちょっと難しい事を成し遂げる喜びですね。こういう子供のような喜びを忘れたくないものです。(熊五郎) 2010/2/11(木) 午後 7:39

  • スーパーボルダリング,どんな遊びなのか私には想像もできない。私たちの少年時代から青年期は、スポーツはもちろん遊びは皆無なので、仕事以外の興味などありませんでしたよ。だから今でも、スポーツ関係にも興味がなく、趣味の幅が狭いのでしょうね。 

    らくがき楽ちん ]2010/2/12(金) 午後 9:14

  • らくがき楽ちんさん、そうでしたか。今は何でも遊びにしてしまうという風潮でしょうか。ボルダリングも言ってしまえば単なる岩登り。しかも岩壁ではなく、数メートルの岩です。しかし、ここが登れるのというようなルートを登るのですから、面白いのでしょう。自己満かも知れませんが。何でも遊びにしてしまう視点は大事にしたいと思います。(熊五郎) 2010/2/12(金) 午後 11:01