二子山

投稿日 2009年07月05日

今回は二子山です。
一部が群馬県にかかっているので、書庫「上州の山」に入れています。
一時期通うように登った山ですが、その姿といい、岩稜といい、これほど面白い山は類を見ません。
名前が示すように西岳と東岳の二つの峰をもつ岩山です。ロッククライミングでも有名です。
ルートは坂本から股峠に入り、東岳または西岳に登ります。東岳は一般道でも少しアクロバチックな
ところがあります。西岳へは北に回りこむ一般道と、直登するルートがあります。直登ルートは3級
程度のクライミングとなりますが、この山は石灰岩でできており、石灰岩特有の雨によると思われる
侵食(鋭くとがっていたり、穴があいていたりします)があり、ホールド、スタンス共に豊富で容易
に登れます。クサリ等の補助は無いので、高所恐怖症の方は避けたほうがよいかも知れません。

 

西岳は、稜線上はもちろん、岸壁の基部にも道があります。クライマーが利用する道かも知れません。
ローソク岩も容易に登れます。また、西岳岩稜の途中から岸壁基部へ戻れる下降ルートがあります。
よく見ると目印のテープがありますが、探して歩かなければたぶん気がつきません。このルートは
クライマーが登頂を終えて戻るための下降ルートです。急斜面ですが、潅木の根元をつかみながら
下ることができます。

 

股峠にはカタクリの小さな群落がありましたが、今はどうでしょうか。
この山は、ちょっと山が恋しくなったときに、気軽に登れ一日楽しませてくれる山です。

二子山.jpg

カシミール3Dによる描画

PICT0072.jpg

B地点からの二子山全景 鞍部が股峠

PICT0073.jpg

A地点からの西岳 中央手前にニョキッと出ているのがローソク岩

PICT0074.jpg

A地点からの東岳

 

入山は自己責任で。最新の情報を入手して。

 

 

 


(熊五郎)