CAT4238 LEDドライバ その2

投稿日 2017/01/06

先日、直列10個のLEDをドライブできる安価なLEDドライバ オン・セミコンダクターのCAT4238を試してみました。

 

参考記事:CAT4238 LEDドライバ

 

このときの計測では、Vinが4.0V以上に高くなってくると、逆にLEDの照度が落ちる結果となってしまいました。

 

この不可解な計測結果はブレッドボードによる簡易配線に問題があると考え、CAT4238のデータシートにある推奨ボードレイアウトを参考に、基板を作って実装し、再度計測をやり直してみました。

 

結果は、CAT4238の名誉挽回となりました。

 

 

基板を作ったといっても、銅箔を切っただけの簡易なものですが、計測結果は前回と違い、きれいなデータが採れました。

CAT4238_07.jpg

CAT4238のデータシートにある推奨ボードレイアウトに近づけて作った

銅箔切り貼り基板

回路は参考記事を参照

Period 1mS (1KHz) Duty 20% (200uS)

CAT4238_06.jpg

Vin 1.0Vから5.4Vを印加して

Iin, Vout, Iled(Iout), Vledの変化を見る

前回は4V以上からLEDの照度が低下したが、

今回はVled, Iledが示す通りほぼ一定の照度となっている

 

 

LEDはVinが1.8V付近からうっすら点きはじめ、約3.0Vで最高照度となり5.4Vまで同じ照度で点灯しました。

 

このLEDドライバのBoost DC-DCコンバータは1MHzと高いスイッチング周波数で動いているため、ブレッドボードを使用したバラック配線では性能が出なかった模様です。欲を言えば、使用するコイルはDC-DCコンバータで使われるような高周波対応のものを使いたいところです。

 

 

 

 

 

(JF1VRR)

コメント(2)

  • 基板を自作されての再測定、素晴らしいです。2V台で使えたらいいなと思ってたんですがやはり3Vは必要なようですね。
    電池2個で使えたら思っていたのですが。それにしてもこれが2個入りで100円はお買い得ですね。 
    [ 通りすがり ]2017/1/8(日) 午後 10:24

  • > 通りすがりさん 秋月がDIP基板に載せて販売しているので大きくなってしまいました。安いですが十分実用的です。(JF1VRR) 2017/1/9(月) 午後 2:21