12DT8(6DT8) 双三極管

投稿日 2015/10/17

12DT8_1.jpg

SYLVANIA 12DT8 RF用高増幅度双三極管

小さな三極ユニットが二個封入されている

ユニットの間にはシールド板がある

 

 

 

12DT8(6DT8)はRFアンプや、オシレーター、FMラジオのミキサー用の高増幅度双三極管です。FMラジオのチューナーなどで使われる球です。

 

μは60くらいです。

 

類似球としては6AQ8や12AT7などがあげられます。

 

ベースピン配置は9AJ(9DE)です。9AJの球には6DT8のほか、6AQ8、6BC8、6BK7、6BQ7、6BS8、6BX8、6BZ7、6BZ8、6CG7、6FW8、6JK8、6KN8などがあります。

 

特性の類似球としては6AQ8や12AT7などがあげられますが、12AT7はベースピン配置が違います。

 

6AB4は6DT8の片ユニット版のようです。

 

参考: 6AB4 高周波増幅用三極管

 

今回は、SYLVANIAの12DT8でEp -Ip特性を実測してみました。ユニット1と2は同特性ですが、それぞれを実測してみました。

 

12DT8 規格

Class./Const. High Mu Twin Triode

Outline 6-2

Base 9AJ(9DE) 1.2P 2.2G 3.2K 4.H 5.H 6.1P 7.1G 8.1K 9.I.S

H.V - 6DT8

Hv 12.6V Ha 0.15A MaxPw 2.5w MaxPv 300V

 

 〇ユニット1

12DT8_2.jpg

12DT8 Unit 1 Ep - Ip特性(実測)

12DT8_3.jpg

12DT8 Unit 1 Eg - Ip特性(実測) 

 

実測:

Hv/Ha  12.6V / 151.4mA

Ecg -0.5V Ep 102V 

Ip 4.70mA

rp 13510Ω

gm 5700us

μ 68.0

 

Ecg -1.5V Ep 150V 

Ip 3.40mA

rp 16130Ω

gm 4480us

μ 63.8

 

Ecg -3.0V Ep 200V 

Ip 1.66mA

rp 26320Ω

gm 2380us

μ 52.6

 

 〇ユニット2

12DT8_4.jpg

12DT8 Unit 2 Ep - Ip特性(実測)

12DT8_5.jpg

12DT8 Unit 2 Eg - Ip特性(実測) 

 

実測:

Hv/Ha  12.6V / 151.4mA

Ecg -0.5V Ep 102V 

Ip 4.47mA

rp 13890Ω

gm 5760us

μ 70.6

 

Ecg -1.5V Ep 150V 

Ip 3.21mA

rp 16670Ω

gm 4360us

μ 64.0

 

Ecg -3.0V Ep 200V 

Ip 1.57mA

rp 27780Ω

gm 2300us

μ 53.2

 

 

 

 

ご注意

この計測はどのくらい使われたかわからない中古の球で行われています。

 

 

 

12DT8 SYLVANIA No.394

 

 

(JF1VRR)