50B5 三結 電力増幅用ビーム管

投稿日 2015/09/12

50B5_1.jpg

GE 50B5 電力増幅用ビーム管

ゲッターはサイドに飛んでいます

 

 

この球は言うまでもなくヒータ点火を2本を直列にして100Vで行える便利な球です。

 

プレート電圧も110Vから120V程度で使え、入力感度がよくてそこそこパワーも出る球ですから、トランスレスの簡易アンプに使えます。昔のポータブルのステレオプレーヤーなどに使用例があったような気がします。

 

ラジオでの使用はアメリカ製のラジオで12BA6、12BD6、12AT6、50B5、35W4の組み合わせが見られますが、合計121Vとなり、日本国内での使用では難があります。

 

ベースピン配置は7BZです。同じ7BZの球にはこの50B5(6W)のほか、6AQ5(12W)、6BF5(5.5W)、6DS5(9W)、6HG5(12W)、6HR5(8W)、35B5(4.5W)とそのヒータバリエーションがあります。いずれもビーム管です。()内は最大プレート損失

 

今回は50B5を三結にして計測してみました。

50B5_2.jpg

GE 50B5 三結 Ep -Ip特性(実測)

50B5_3.jpg

GE 50B5 三結 Eg -Ip特性(実測)

 

 

50B5 No.376 GE製

ヒーター電圧/電流  50.0V 109mA

Ecg -2V Ep 35V 

Ip 15.3mA 

rp 1140Ω

gm 6340us

μ 7.0

 

Ecg -6V Ep 55V 

Ip 9.87mA

rp 1470Ω

gm 4380us

μ 6.6

 

Ecg -10V Ep 75V 

Ip 7.24mA

rp 1890Ω

gm 3140us

μ 5.8

 

 

 

 

50B5 GE No.376

 

(JF1VRR)