34GD5 三結 電力増幅用ビーム管

投稿日 2015/09/11

34GD5_1.jpg

GE 34GD5 三結 電力増幅用ビーム管

 

 

ほとんど使用例が見られない球です。

 

ヒータ電流が100mAのトランスレス・ラジオ用の球です。トランスレス・ラジオでは、ヒータ電流150mAの球を使うのが一般的ですので100mAではちょっと使いにくいのは否めません。他の100mAの球を揃えるのに苦労するからです。ネットを調べると、18FX6(第一検波)-18FW6(中間周波増幅)-18FY6(第二検波増幅)-34GD5(低周波電力増幅)-36AM3B(整流)の組み合わせて五球スーパーをつくっている例がありますが、合計124Vとなり、AC100Vを昇圧する必要があります。ここまでやってトランスレス・ラジオを作るかどうかです。

 

ベースピン配置は7CVです。同じ7CVの球についてはこちらをご覧ください。

 

参考: 7CVの五極管たち

 

他の7CVの球同様、低いプレート電圧で動作し、感度のよい球です。

 

34GD5はヒータウォームアップタイム20秒を保証した34GD5Aがあります。

 

今回は34GD5を三結にして計測してみました。

 

特性は35C5に類似しています。(注意: 同じベースピン配置7CVでヒータ電圧も近いですが、35C5はヒータ電流が150mA、34GD5は100mAです。このためトランスレス・ラジオでの交換はできません。)

34GD5_2.jpg

GE 34GD5 三結 Ep -Ip特性(実測)

34GD5_3.jpg

GE 34GD5 三結 Eg -Ip特性(実測)

 

 

34GD5 No.384 GE製

ヒーター電圧/電流  34.0V 109mA

Ecg -2V Ep 42V 

Ip 14.2mA 

rp 1390Ω

gm 5240us

μ 7.2

 

Ecg -6V Ep 65V 

Ip 11.5mA

rp 1680Ω

gm 3860us

μ 6.4

 

Ecg -10V Ep 82V 

Ip 7.85mA

rp 2220Ω

gm 2620us

μ 5.8

 

 

 

 

34GD5 GE No.384

 

(JF1VRR)