6J5GT 中増幅度三極管

投稿日 2015/08/20

6J5はメタル管ですが、こちらの6J5GTはGTのガラスチューブです。

6J5GT_1.jpg

RCA製 6J5GT

μ 20の電圧増幅三極管

6SN7 双三極管の片方のユニットと同等と言われている

 

 

6J5にはJ5Gもありますが、これはSTのガラスチューブです。

 

ネットを調べると6J5Mというのもあるようです。これはSTのメタルです。STのメタル管はミイラのようで、ちょっと異様ですね。

 

さらには6J5MGというのもあって、これはアルミのケースがかぶっています。

 

さらにさらに、6J5V、6J5Wというのもあります。

 

ところで6J5は、6SN7双三極管の片方のユニットに相当すると言われています。(逆に言えば6SN7は6J5が二個入っている) 最後に6J5GTと6SN7GTを比較してみました。

 

6J5は形といい、使いやすそうな特性といい、オーディオ界では人気の球のようです。

 

今回計測したのはRCA製のメタルベースの6J5GTです。

6J5GT_2.jpg

RCA製 6J5GT (347) Ep -Ip特性(実測)

 

 

6J5GT No.347 RCA製

ヒーター電圧/電流 6.3V 284mA

代表値 Ep  100V Ecg -1V Ip 6.9mA

代表値 Ep  120V Ecg -3V Ip 4.3mA

代表値 Ep  160V Ecg -6V Ip 2.1mA

 

Ecg -1V Ep 100V 

rp 8620Ω

gm 2780us

μ 23.4

 

Ecg -3V Ep 120V 

rp 9800Ω

gm 2360us

μ 22.0

 

Ecg -6V Ep 160V 

rp 13160Ω

gm 1700us

μ 21.0

 

 

6SN7との比較

 

6J5は6SN7の片方のユニットと同等と言われていますが、確認するために以前計測した6SN7GTのデータと比較してみました。結果は納得です!

 

6SN7GTの計測のときはEpが250Vまでとなっています。

 

参考: 6SN7GT 双三極管

6J5GT_3.jpg

6J5GTと6SN7の片方の三極ユニットとの比較

やはりよく合っている

6SN7GTはマツダ製の古い球

6J5GTはRCA製のほぼ新品

この程度だと個体差くらいに収まっていると思われる

 

 

 

 

6J5GT RCA No. 347

 

 

(JF1VRR)