42 三結 電力増幅五極管

投稿日 2015/06/17

42_1.jpg

電力増幅五極管 42

左はPhilco製、右はマツダ製

 

みんなが好きな42です。

 

前回の6ZP1同様、ST管五球スーパーラジオの低周波出力段に使われた球です。6ZP1が低出力ながら国産の普及球とすれば、こちらは少し大出力の高級ラジオに使われました。

 

古いST管五球スーパーラジオの品定めをするときは、低周波増幅段に6ZP1が使われているか、この42が使われているかで当時の値段を想像します。

42_1.jpg

42(左)と6ZP1(右)の比較

42のほうが管が大きく、プレートも一回り大きい

ヒーター電圧はともに6.3V

ヒーター電流は42の700mAに対して6ZP1は半分の350mA

出力(シングル)は42の3Wに対して6ZP1は1W

 

さらには整流が80HKのような半波整流管か、80のような両波整流管を使っているかで、高級度を見分けます。マジックアイがついていたら更に高級。欲を言えば短波も聞けたら最高ですが、ST管ラジオの時代は短波が聞けるものは少ないようです。

 

それ以外の周波数変換、中間周波増幅、検波はだいたい、6WC5, 6D6, 6ZDH3Aと相場が決まっています。

 

42の出力はシングルで3W、三結のプッシュプルで5Wとのことです。

 

マツダの42の当時の価格は430円でした。

 

大き目の管にゆったりと組み立てられており、ヒーターも赤々と灯って、ラジオの裏板からこぼれる温かいヒーターの明かりは何とも言えません。

 

今回計測したのは、OMからいただいたマツダの42と、中学時代に作った五球スーパーで使っているPhilcoの42です。

 

三極管接続(三結)でEp - Ip特性を計測してみました。

42_2.jpg

マツダ製 42 三結 Ep - IP特性(実測値)

非常に良好な特性を保っています

42_3.jpg

Philco製 42 三結 Ep - IP特性(実測値)

マツダ製に比べちょっとくたびれているようです

バイアスの浅いほうで少し暴れます

 

 

 

42 マツダ製 No.288 代表値

ヒータ電圧/電流 6.3V/704mA

Ep 200V Ecg -16V Ip 16.19mA

 

42 Philco製 No.220 代表値

ヒータ電圧/電流 6.3V/670mA

Ep 200V Ecg -16V Ip 13.22mA

 

 

 

 

 

 

42 No.220 Philco
42 No.288 マツダ


(JF1VRR)