6BQ5 三結 電力増幅五極管

投稿日 2015/06/03

6BQ5.jpg

6BQ5は9ピンのMT管

ペア球をプッシュプルにしてよく使われる

今回はペアではないが同時に購入した二本の6BQ5を実測してみた

(背景は実用真空管ハンドブック)

 

6BQ5は使いやすく、比較的安価ということでオーディオ界で人気の球です。製作例も多数あるようです。

 

アマチュアでは、AM送信機の変調器に使われました。

 

当局もファイナル6146の50MHz AM送信機の変調器をこの6BQ5で作りました。

 

変調器の例としてはトリオの送信機TX-88Dの回路が参考になります。6BQ5をプッシュプルで使っています。

 

いまから変調器を作ろうとした場合、6BQ5は十分入手可能ですが、問題は変調トランスです。これはオークションなどを注意深く監視するしかありません。

 

今回は、昔AM送信機の変調器に使用した二本の6BQ5を実測してみました。同じ店で同時に購入したもので、いずれもNEC製ですがペアではありません。

6BQ5_No23.jpg

6BQ5  No.23 三結 Vp-Ip特性(実測値)

 

ヒータ電圧/電流 6.3V 758mA

代表値 Vp 200V Vcg -6V Ip 24.1mA

6BQ5_No24.jpg

6BQ5  No.24 三結 Vp-Ip特性(実測値)

 

ヒータ電圧/電流 6.3V 743mA

代表値 Vp 200V Vcg -6V Ip 43.95mA

 

同時に購入した6BQ5ですが、No.24のほうが内部抵抗が小さいのが見てとれます。

 

No.24のほうが小さなドライブ電圧で機敏に反応する球と言えます。

 

二本とも新品を真空管専門店で購入し、使用経緯の分かっている球です。このように同時に購入した球でも、特性に違いがあるようですから、アンプの設計などでは要注意でしょう。

 

今回は残念ながらペア球ではありません。ペア球ではもっと揃うのでしょうか?

 

 

 

6BQ5 No.23

6BQ5 No.24

 

(JF!VRR)