30A5 三結 電力増幅五極管

投稿日 2015/05/30

トランスレス・ラジオの出力段に使われた五極管です。

30A5_A.jpg

東芝 30A5​

真空管ラジオもST管からMT管に移り、さらにトランスレスとなって小型軽量化されました。そのころのラジオは東芝の「かなりや」のようにプラスチック・ボディーとなりました。そのようなラジオには決まって30A5もしくは35C5が使われていたものです。

 

この30A5は7ピンMT管で、ほっそりしたボディーの球です。

 

トランスレス用の球ですのでヒータ電流の規格は150mAです。(ヒータ電圧は30V)

 

低電圧で動作する高効率球です。

 

OMからいただいた中古球です。スクリーン・グリッドをプレートにせつぞくして計測しました。(サプレッサ・グリッドは内部でカソードに接続されています。)

30A5_B.jpg

東芝 30A5 三結 Vp-Ip特性 (実測値)

スクリーン・グリッドをプレートに接続

 

ヒータ電圧/電流 30V 162mA

代表値: Vp 100V Vcg -10V Ip 13.91mA

 

 

 

ご注意

これは中古真空管の個体の実測データです。

 

 

30A5 No.253

 

(JF1VRR)