なつかしいリグ TM-701

投稿日 2012/02/22

KenWood TM-701 車載用 144/430MHz デュアルバンダー 10W FMトランシーバ

TM701_1.jpg

写真1 TM-701 144/430MHz FMトランシーバ フロントパネル

TM701_2.jpg

写真2 バックパネル

 

もう20年以上も、車に積みっぱなしです。

 

とにかく故障しません。

 

リチューム電池の交換と車を替えたとき以外、車から外したことはありません。

 

夏の極暑、冬の極寒、衝撃/振動、荒っぽい操作、ほこり などなど。

 

最悪の環境で、いまだ現役。

 

とにかく頑丈です。

 

今回も久しぶりにリチューム電池の交換のため外しました。

 

この無線機は密閉型なので、機内にはまったく埃の侵入がありません。

TM701_5.jpg

写真3 1989年ごろのFM機の総合カタログ

TM701_6.jpg

写真4 カタログ(TM-701のページ)


 

このリグ。車載用ということもあってか、操作性は抜群です。

 

メインダイヤルのここちよいクリック感覚。

 

AF音量、スケルチは独立。扱いにくい二重ボリュームなんてありません。

 

その他はすべてボタン(プッシュスイッチ)です。

 

このボタンも、とてもここちよいプッシュ感覚。

 

メモリ操作などもほぼ直感でできます。

TM701_3.jpg

写真5 TM-701 トップビュー 430MHzファイナル M57752(10W) リチューム電池は電池ボックスに変更

TM701_4.jpg

写真6 TM-701 ボトムビュー 144MHzファイナル M57715R(10W)

 

TM-701はTM-701S 25Wモデルもあります。

 

当局はTM-701 10Wモデルを所有しています。

 

スイッチ切り替えでローパワー 1W、ハイパワー10Wがワンタッチです。

 

スキャンなんて使わないので、どうでもよいのですが、バンドスキャンやメモリスキャン機能も備えています。

 

メモリ保持にリチューム電池が使われています。

 

端子付きのリチューム電池は意外と高価(1200円くらい)です。ばかばかしいので、リチューム電池ボックス(50円くらい)を用いてどこでも手に入るボタン電池(CR2032 3V)が使えるようにしてあります。

TM701_7.jpg

写真1 TM-701 ブロック図

 

144/430MHzともにRFの初段は3SK184です。

 

IFは 30.825MHzと455KHzです。

 

144MHzはPLL出力 113.175MHzから115.175MHzとミックスして1st IF 30.825MHzに落とします。

 

430MHzはPLL出力399.175MHzから409.175MHzとミックスして1st IF 30.825MHzに落とします。

 

1st IFからAF段まで共通回路です。

 

ローカルOSC 30.37MHzとミックスして2nd IF 455KHzに落とします。

 

ファイナルは、

 

144MHzがTM701 M57715R(10W)またはTM701S M57737R(25W)

 

430MHzはTM701 M57752(10W)またはTM701S M57729(25W)です。





 

(JF1VRR)