AKI.DAC-U2704とTA2020-20 D級アンプ

投稿日 2012/02/17

今回はオ-ディオの話題です。

 

ひところもてはやされたUSBオーディオDAコンバータ PCM2704(バーブラウン)を使用したUSB接続のDAコンバータキットが秋月電子から発売されたので、さっそく購入し試してみました。

DAC_U2704_1.jpg

写真1 秋月電子のUSBオーディオDAコンバータキット AKI.DAC-U2704(組み立て後)

 

このキットは半完成品というか、取り付けの難しいICやチップ部品はすでに取り付けられており、比較的大きい部品がバラで同梱されているので、それらを取り付けるだけです。

 

ものの10分もあれば完成します。

DAC_U2704_2.jpg

写真2 バーブラウンのPCM2704はバラでも販売されている @400

DAC_U2704_3.jpg

写真3 出力側のコンデンサにはMUSEが使われている

 

USBケーブルでパソコンに接続すると、Windowsの場合標準のドライバが自動的にインストールされ、「USB Audio DAC」デバイスとして認識されます。

 

これだけで使用可能です。

 

今回は以前(2008年6月)作ったトライパスのTA2020-20を使用したD級アンプにつないで、音を楽しむことにしました。

TA2020_DAMP_1.jpg

写真4 トライパス社 TA2020-20使用のD級アンプ

 

このD級アンプはトライパス社のTA2020のスペックシートに記載されている参考回路をそのまま作っています。

 

私はよい耳を持っているとは思えないので、あまり音の評価は書きませんが、PCM2704 1チップでここまでよい音がするとは、世の中進んだものです。

TA2020_DAMP_2.jpg

写真5 10uH 3Aのコイルは、トロイダルコアで自作

TA2020_DAMP_3.jpg

写真6 10W程度のアンプですが効率がよいので、TA2020-20はヒートシンクなしの裸

 

あこがれのPCM2704の音をやっと楽しむことができました。ばら売りされているので、いつか作ろうとチップを購入してあったのですが、キットが出たので手っ取り早く楽しむことができました。

 

音がよいと言われるUSBオーディオDAコンバータは、いろいろ出回っているようですが、音を聴き比べてみたいものです。





 

(JF1VRR)