北稜から 二子山 2018年11月1日 快晴 2名

投稿日 2018年11月04日

今日登らなかったらいつ登るの? そんな快晴の日、埼玉県小鹿野市の二子山に登ってきた。二子山は幾度となく登っている山なので、今回はバリエーションルートとして北尾根から北稜を登ってみた。(北尾根、北稜は仮称)

 

二子山の南面はロッククライミングで有名なフェイスなので我々には近づけないが、北面は幾分傾斜が緩く、露岩と灌木の斜面になっている。それを北稜が支えている形になっているのでルートがとれるとみた。この北稜の登高記録は見当たらないが、ここは群馬県と埼玉県の県境であるため先人がかなり登っている可能性が高いと予想。

 

結果、概ね予想は的中し、北稜の最後の詰めは灌木混じりの露岩の斜面で3級程度(昔の岩登りの等級)の岩登りを少しこなせば稜線に出られた。

 

快晴の二子山はすばらしく、岩の連なる稜線に目のピントを合わせれば、背後の遥か下の景色は柔らかにボケて霞む。青空の下に色づいた山肌。トンビの鳴く声。絶好の登山日和に山友Yさんとともに岩稜と遊んだ一日だった。

20181101_北稜から二子山01.jpg

北稜から二子山

北稜だけ楽しむなら図中のショートカット・ルートもとれると考える

緑破線:予定ルート 赤実線: GPS軌跡

(国土地理院電子国土地図に情報追加)

 

通過時刻:

股峠北側駐車j場 9:16

北尾根取り付き点 9:50

P992 10:07

P987 10:40

北稜取り付き点(最後の鞍部) 11:33

西岳稜線 11:59

西岳山頂 12:27 (昼食) 12:52

下降点 13:02

股峠 13:26

股峠北側駐車j場 13:34

 

所要時間: 4時間18分

総歩行距離: 6.5km

国道299号を最奥の集落坂本に向います。坂本を通過して志賀坂峠手前の民宿登人の脇を林道に入ります。トンネルを抜けて少しで右側に駐車スペースがあります。10台くらい停められるでしょうか。駐車スペースの手前に股峠への登山口があります。

20181101_北稜から二子山02.jpg

二子山北側にある駐車スペースと登山口

股峠からここまで10分程度

駐車スペースは10台ほど停められる

 

身支度して舗装の林道を歩き始めます。坂本からのこの林道は落ち葉が多いものの概ね良好です。30分くらい林道を歩き尾根筋が最も近づいた地点から尾根に取りつきました。はっきりした踏み跡がありました。

20181101_北稜から二子山03.jpg

尾根取り付き点

林道から右上へ

 

すぐに稜線に出て、県界の標杭を確認。赤久縄山が出迎えてくれました。左にとってP992への急登となります。踏み跡ははっきりしませんが、自然林の明るい歩きやすい尾根筋です。

20181101_北稜から二子山04.jpg

県界尾根から赤久縄山

 

P992からは下り気味で、徐々に近づいてくる二子山の壁と神流町側の万場の山々を楽しみながら歩きます。小ピークを越え、P987の東面をわずかにトラバースして、やや暗い最後の暗部に降り立ちます。ここから北稜が派生しています。途中鹿を2回(計3頭)を見て、おそろしい熊の爪痕を発見。

20181101_北稜から二子山05.jpg

二子山 西岳が近づいてきた

 

いよいよ北稜に乗り、急斜面を登ります。やがて岩が現れ、灌木混じりの露岩の急登となります。石灰岩なので手掛かりは多く、灌木にもつかまれるので簡単に登れますが、落ちたらアウトというか所は数か所あります。

20181101_北稜から二子山06.jpg

北稜に取りつく

急斜面が始まる

 

稜線の岩が見えてきたら向こう側が青空となり、稜線に飛び出て一般道と合流します。一般道といっても露岩の稜線ですので気が抜けません。慎重に露岩を辿って徐々に西岳山頂に近づきます。

20181101_北稜から二子山07.jpg

露岩と灌木の斜面を登る

稜線が近づいてきた

20181101_北稜から二子山08.jpg

稜線に出て隣の叶山を見下ろす

(白く屑られているのが叶山)

20181101_北稜から二子山09.jpg

西岳の稜線から北稜を見下ろす

 

久しぶりに来た二子山の山頂は暖かな小春日和でした。隣の両神山、赤岩岳、大ナゲシ、秩父方面、御座山、蓼科山、八ヶ岳、浅間山、赤久縄山、御荷鉾山などなど。枚挙にいとまがありません。

20181101_北稜から二子山11.jpg

西岳山頂に向かう

快晴の岩稜は気持ちがよい

20181101_北稜から二子山12.jpg

二子山西岳山頂

三等三角点 二子山 標高 1165.81m

 

山頂で昼食とし、暖かなひと時。ちょっと幸福感を味わって下山にかかりました。一般道を股峠に下ります。股峠からは北側の斜面を10分くらいで駐車場です。

 

帰りは林道を土坂峠方面にとり、上吉田から下吉田に降りて「星音の湯」(せいねのゆ)でさっぱりしました。「星音の湯」は930円と少し高めですが、設備はよく、湯質はアルカリ性の鉱泉でヌメヌメ。お肌によさそう。ゆっくり入りたいお風呂です。

 

 

 

 

 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • お休みの度に山歩きですか。いいですねえ。考えただけど疲れそうだけど、これがリラックスの源なのかしら?(agewisdom) 2018/11/4(日) 午前 11:59

  • > agewisdomさん 絶好の登山日和は逃せません!仕事は骨休めです。(熊五郎) 2018/11/4(日) 午後 8:35