センチコガネ                                                                         投稿日 2018年04月28日

センチコガネ.jpg

センチコガネ

栃木県佐野市 唐沢山付近にて

2018年4月26日

標高約450mの尾根上

 

コガネムシは金持ちだろうか。いやウンのいい虫だ。

 

センチコガネと聞くと1センチくらいの虫のように思えるがそうではない。

 

センチは雪隠(せっちん)から来ているらしい。つまり便所である。便所コガネということになるが、それではかわいそうだ。センチでよかった。しかしその生活は便所そのもの。この虫は糞虫の一種で、牧場などの牛や馬などの糞に集まる。正に糞の中で生まれる。

 

ところが写真のように美しい。糞などはまったく想像させないのである。エジプトの王の紋章はスカルベで、これも糞中だが、そういえば同じような格好だ。

 

この色をなんというか。それが問題だ。メタリックレッドだろうか。金属光沢の紅赤だから、金紅輝色とでも言おうか。正しい色名はあるのだろうか。

 

これ自体は構造色らしく、色は無いのだが光の反射でこのように見えるらしい。蝶や玉虫などにある。CDに光が反射すると虹色に見えるそれである。

 

山では稀に見る虫。おそらく山にも狸や鹿、猪、熊などの糞があるので、それらに集まるのだろう。

 

色のバリエーションがあるためか、この虫専門に集めている人もいるようだ。赤っぽいもののほかに、黒、金色、青、緑など、いずれもメタリックな金属光沢があって美しい。

 

写真のセンチコガネは落ち葉の上を歩いていたものを見つけ、岩の上に載せて撮影した。ちょこまか動き回るのでなかなか撮影できなかった。

 

この虫と私が、生きている間に出会える確率はどのくらいだろうかなどと、答えの出ないようなことを考えながら虫と別れた。

 

 

 

 

(熊五郎)

コメント(2)

  • 糞転がし名前だけはよく聞きますが図鑑でしかみたことありません。これもお仲間ですね。 (agewisdom) 2018/4/28(土) 午後 3:07

  • > agewisdomさん 糞虫の枠に入りますが、転がすかどうかはわかりません。(熊五郎) 2018/4/28(土) 午後 4:18