田沼 宇都宮神社から不動岳経由で唐沢山 2018年4月1日登る 晴れ 単独

投稿日 2018年04月02日

 

三月下旬からよい天気が続いています。桜が咲き進み、五月ごろの陽気ということもあって、山や山里はどんどん春の装いになってきています。ヤシオツツジも少し早目のようですし、気の早いヤマツツジがすでに咲いていたり。今年は花の咲き時の見極めが難しいようです。

 

そんな春の陽気に誘われて栃木県佐野市田沼町の唐沢山(からさわやま)に登ってきました。唐沢山は、大鳥屋山(おおとやさん)側の林道から登ると近いのですが、今回は宇都宮神社から不動岳経由で登り、唐沢山から尾根を折り返すような形で宇都宮神社に戻る周回ルートをとりました。総歩行距離は12.6Kmと少しロングトレイルとなりました。

20180401_唐沢山01.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

栃木県佐野市田沼町の宇都宮神社から不動岳経由で唐沢山

緑破線:予定ルート 赤実線:歩行GPS軌跡

(国土地理院電子国土地図に情報追加)

 

通過時刻:

宇都宮神社近くの駐車場 9:15

三等三角点 点名 不動入 337.65m) 10:38

不動岳(P378) 11:00

P458 11:48

P468 12:24 (昼食)

唐沢山(三等三角点 点名 唐澤 554.91m) 12:54

P428 13:25

P351 14:10

P416 14:40

宇都宮神社近くの駐車場 15:48

 

所要時間:6時間33分

総歩行距離:12.7Km

20180401_唐沢山02.jpg

宇都宮神社

長元元年創建とのこと 1000年以上前

旗川を望む小高い岩の上にある

辺りは桜が咲き野鳥がさえずるのどかな場所

(下山後撮影)

 

車を栃木県佐野市から田沼町に進め、旗川沿いにのどかな山里を走ります。宇都宮神社は露岩の上に建てられた小さな神社ですが、近くには広場や駐車場、トイレが整備されています。この日は神社の例祭だったようで、人々が集まっていました。一言断って、駐車させていただきました。

20180401_唐沢山03.jpg

道路脇の電柱から尾根に取り付く

いきなりの急登

(少し入って振り返って撮影)

 

尾根取り付き点は神社の上の道路脇に立つ電柱のところです。いきなり急登になりますが、赤テープの誘導もあって順調に尾根に乗り、石祠を見て、右下にゴルフ場が見える山桜の咲く明るい尾根筋を登ります。P298には石灯篭二基と石祠がありましたが、荒れています。

20180401_唐沢山04.jpg

三等三角点 点名 不動入 標高 377.65m

ここからしばらく歩いた不動岳には三角点はありません

 

小ピークのアップダウンがあって、再び石祠を見て、尾根筋が平坦になったら三等三角点 点名 不動入のP377です。秋山川側の村落が緑の畑の中に民家が並んでいます。P377から尾根を忠実に進むと不動岳です。

20180401_唐沢山05.jpg

展望のよい露岩から

入御神楽の谷合を望む

 

不動岳はどこがそうなのかわからないような雑木の小ピークで、看板や三角点などはなにもありません。うっかりすると気付かずに通り過ぎてしまいそうです。不動岳からは、石祠のあるピーク、P458、P468を経て唐沢山に至ります。

20180401_唐沢山06.jpg

唐沢山山頂

三等三角点 点名 唐沢 標高 554.91m

 

唐沢山山頂には三等三角点 点名 唐沢があり、標高は554.91mです。山頂は狭く、雑木で覆われていますが、ヤシオツツジが一本歓迎してくれます。唐沢山からはルートを南西にとり、急斜面を下ってP428を踏み、露岩の痩せ尾根を慎重に下って行きます。下りながら大鳥屋山方面が望めます。

20180401_唐沢山07.jpg

唐沢山からP428側に下ったところから大鳥屋山への稜線

奥の丸いピークが大鳥屋山

 

下りに使った尾根は、登りの尾根よりも小いさく標高も少し低いのですが、P351あたりまでは露岩が多い痩せ尾根で面白いところです。P351以降は側林帯に入ったり、平凡な雑木の尾根になるので幾分面白みに欠けます。P416への登りは、ここまで歩いてきた疲れた体にはこたえる登りです。そのあと更にいくつかのピークを越えて、右寄りに下降したら藪になって道路に降り立ちます。

20180401_唐沢山08.jpg

P428付近から閑馬の岩峰群

 

全体的に、あまり歩かれない尾根と思いますが、先人の新旧赤テープが要所要所にあり、迷うことは無いかと思います。平凡なところもあり、ピークを一つ一つ越えて行くのは結構しんどいものですが、所どころに石祠などがあり、愉しませてくれます。

 

ヤシオツツジや山桜が山面を染めていました。野鳥は盛んにさえずり、恋の季節到来。緑の中の山村ものどかに見えました。いい季節です。

 

 

 

 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • もう花に彩られてきましたね。本当にいい季節ですね。 (agewisdom) 2018/4/2(月) 午後 10:52

  • > agewisdomさん いい季節になりました。もうすぐ山も新緑に覆われます。(熊五郎) 2018/4/2(月) 午後 11:02