八王子丘陵 茶臼山周辺の枝道 2018年2月28日 曇り 単独

投稿日 2018年03月02日

八王子丘陵は今回で6回目になりました。先日八王子丘陵でお会いした「茶臼山の主」さんから頂いた茶臼山周辺の地図を参考に、細線で描かれているルートを歩いてみました。細線で描かれているルートは枝道と言えるかと思います。

20180228_八王子丘陵6_01.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

八王子丘陵の茶臼山周辺の枝道

①から⑤の枝道の存在を確認してみました。

緑破線:予定ルート 赤実線:歩行GPS軌跡

(国土地理院電子国土地図に情報追加)

 

その枝道(地図上の番号)は、

 

①茶臼山南側鞍部から北側の肩に出るルート

けもの道程度となって消えかけている。一般利用は不可。

北側出口付近直前の崩壊窪状部通過の部分にロープがかかっている

利用価値はほとんどない。

 

②茶臼山南側の肩から鉱山試掘跡ルート

露岩の連続で急傾斜。 補助ロープあり。電線の下をほぼ忠実に辿る。

今回は下降したが、登っても面白いルート。一般向きではない。

 

③主稜線から樹徳幼稚園に下る小尾根ルート

最初藪が濃い。ほぼ踏み跡なし。一般利用は不可。

二か所も石祠があるので昔道があったか?

 

④茶臼山西側直登ルート

踏み跡あり。山頂直下が急。北側の肩から回ったほうが安全。

雑木の幹をつかんで登るくらい急なので一般向けではない。

 

⑤茶臼山南側鞍部から姥沢の頭をトラバースするルート

踏み跡がはっきりしている。一般道として利用可。

姥沢の頭をパスして荒神山方面に行くのによい。

 

今回は、車を藪塚側の東毛青少年自然の家の前にある駐車場を利用し、チゴユリ・コースで稜線に出て、①を通過。茶臼山山頂から②で一木口への道に下降。そのまま一般道で姥沢の頭の西の主稜線に登り返し、③で樹徳幼稚園前に下降。茶臼山北西尾根を登って、④で山頂に直接出て、⑤で主稜線に戻り、姥沢の頭から立岩コースで駐車場に戻りました。今回も複雑です。低山ならではの歩き方です。

 

通過時刻(A点からK点は地図参照):

東毛青少年自然の家駐車場 10:04

チゴユリ・コースで主稜線(A点) 10:30

茶臼山南側鞍部(B点) 10:54

①で茶臼山北側肩(C点) 11:14

茶臼山山頂 11:20

②の下降点(電柱あり)(D点) 11:27

一木口への道(E点) 11:45

主稜線(F点) 12:02

③の下降点(G点) (昼食) 12:21

樹徳幼稚園前(H点) 12:57

④の直登ルート取付き点(I点) 13:21

茶臼山山頂 13:27

茶臼山南側鞍部(J点) 13:36

主稜線(K点) 13:40

立岩コースで東毛青少年自然の家駐車場 14:12

 

所要時間:4時間10分

総歩行距離:7.3Km

 

 

八王子丘陵の茶臼山周辺は登山道が複雑に入り組んでいます。桐生市の広沢町から登る方や、太田市の藪塚町側から登る方が一般ルートを利用して様々に楽しんでおられます。しかし、あまり利用価値の無い道は、だんだんと忘れられ消えゆく運命にあるようです。そんな消えゆくルートまで、かなり正確に描かれている「茶臼山の主」さんから頂いた地図は、かなり貴重なものと言えます。(著作権の関係でお見せできませんが)偶然お会いして頂いたことは、大変ラッキーでした。

 

今回歩いた枝道は、「茶臼山の主」さんの地図では細線で描かれています。それはあまり利用されていないことを示すものとして、枝道と呼ばせていただきました。実際歩いてみると、予想以上に消滅しかかっているようで、前述のように、すでに一般利用はできないものもあります。

20180228_八王子丘陵6_02.jpg

①の入り口

茶臼山南側の鞍部

道標の後ろから藪をわけながら侵入

20180228_八王子丘陵6_03.jpg

①の出口

茶臼山北側の一般道に合流

20180228_八王子丘陵6_04.jpg

②の入り口(下降点)

電信柱の下に踏み跡が下っている

すぐに露岩が現れ補助ロープがかかっている

20180228_八王子丘陵6_05.jpg

②の途中(2/3ほど下)にある鉱山試掘跡の小さな洞穴

②のルートはこのような金山流紋岩(熔結凝灰岩)が露出している

御岳神社

道は神社の後に続いている

20180228_八王子丘陵6_06.jpg

②の出口(下部)

NHKの看板のところで一木口への一般道に降り立つ

20180228_八王子丘陵6_09.jpg

③の入り口

目印のテープはかかっていたが、踏み跡らしきものは無い

藪をかき分けて進入

20180228_八王子丘陵6_10.jpg

③の途中にある忘れ去られた石祠

計3つあったが、うちふたつはこのように倒されている

猪の仕業と思われる

④のルートには尾根末端にもう一か所石祠がある

20180228_八王子丘陵6_11.jpg

③の途中から見た茶臼山

②のルートがよくわかる(赤線 電柱に沿っている)

20180228_八王子丘陵6_12.jpg

③の終盤

工場上の林道?に出た

この先に樹徳幼稚園

20180228_八王子丘陵6_13.jpg

茶臼山の山頂下 北西尾根ルート④への分岐点

一般道は左へ巻いていく

20180228_八王子丘陵6_14.jpg

④の出口

山頂の電波塔が見えてきた

20180228_八王子丘陵6_15.jpg

再び茶臼山南側の鞍部に戻った

⑤の入り口

踏み跡がはっきりわかる

20180228_八王子丘陵6_16.jpg

⑤で主稜線に戻り左折れして姥沢の頭に出た

右下の立岩コースを下る

 

 

 

 

(熊五郎)

コメント(2)

  • 山に登られることはお散歩感覚なんでしょうか。何かあった時お一人で大丈夫ですか。「マックさん」は私と同い年なので必ずどなたかと登られますが、まだお若いからなのかしら? (agewisdom) 2018/3/2(金) 午後 0:32

  • > agewisdomさん 例の件があってから少し心配ですが、近い里山ですし、マニアックな登り方ですのでひとりで行ってます。1000m以上の山になるとひとりでは問題ですね。(熊五郎) 2018/3/2(金) 午後 3:52