棒ノ折山からの展望

投稿日 2017年10月07日

棒ノ折山パノラマ1W.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

棒ノ折山は雲取山から続く東京都の背稜の東端にある標高969mの山です。

 

山頂はカヤトの原で北面の見晴らしが最高です。

 

北西端の武甲山を最高点として、高麗川や入間川が削った台地に奥武蔵の山々が並んでいます。

 

秩父 武甲山がどこから見えるか で取り上げましたが、この写真の左端にある武甲山は秩父の山ながら関東平野の広い範囲から見える山です。棒ノ折山から眺めるとその理由がよくわかります。武甲山 標高1295mは、手前に1000mを少し超える武川岳があるものの、他に高い山は無く、関東平野でも西よりの圏央道からでも、その姿を見ることができます。ただ、見えるのは武甲山の最上部の三角形の部分のみ。武甲山と気付く人はほとんどいないでしょう。

 

山頂からは、武甲山のほか大持山、武川岳、丸山、二子山、伊豆ヶ岳、関八州見晴台、物見山、日和田山など望めます。

 

山頂の案内板には赤城、子持、谷川なども見えるとなっていましたが、この日はあいにく見ることはできませんでした。

 

 

 

 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • 武甲山くらいしかわかりませんが、ずいぶん広く見えるものですね。天覧山て反飯能のあたりから見える山ですか。1年間務めた学校の校歌に天覧山と名栗の川が歌われていたような。 2017/10/7(土) 午後 5:06

  • > agewisdomさん 天覧山は飯能にある193mの山ですが有名です。写真は天覚山 445mです。よく似てますし、天覚山も飯能にあります。(熊五郎) 2017/10/7(土) 午後 6:04