水彩画 モノトーンで描く                                                         投稿日 2017年06月04日

絵はカラーで描くとごちゃごちゃして見ずらい物になることがあります。遠望の山や、夕刻の山肌などはあまり色彩がなく、無味な冷たい雰囲気が漂う場合があります。そんな風景を忠実に彩色しても、あまり本質を突いたものにならないと思います。

 

それよりはいっその事、モノトーンとし、明暗のみで描くことで効果を出すことができると感じます。

 

切手のデザインにも多く見られます。国立公園切手は色違いですがすべてモノトーン。余計なものが目に入らず、もっとも伝えたいものだけを表現しているように思えます。ただこの切手は撮影した写真にモノトーンで彩色したものと思われますので、グラデーションは自然のまま。水彩とは違います。

国立公園切手.jpg

今回は名著「続 静かなる山」の表紙を飾る藤井 実氏の絵を真似て、それに紫のモノトーンで着色してみました。画紙が長方形なので、ついつい横長になってしまいました。

「続 静かなる山」の表紙絵 藤井 実画

彩色はされずモノトーンで描かれている

陰影のみで描かれた山の絵はどこか堂々としている

 

 

まず、オリジナルを見て書き写してみました。横長になってしまったのは愛きょう。

水彩画_20170602_デッサン_本.jpg
水彩画_20170602_デッサン.jpg

Oxford 100 Blank Index Cards 7.6 x 12.7cm

SAKURA MICRON PIGMA 水性ペン 黒 0.5, 0.1

 

 

Violetで色付けしてみました。このへんが限度です。

水彩画_20170602_デッサン_色.jpg

Holbein Cake Colors 透明水彩絵の具 Violet

Oxford 100 Blank Index Cards 7.6 x 12.7cm

SAKURA MICRON PIGMA 水性ペン 黒 0.5, 0.1

 

 

山肌の表現は難しいようです。画家によっては単純化した個性のある絵も多々見られますが、見た感じを自然に、簡素に描くのは3年?といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

(熊五郎)

メント(2)

  • むしろごまかしがきかないだけ難しいかもしれませんね。 (agewisdom) 2017/6/4(日) 午後 0:46

  • > agewisdomさん 同感です。 (熊五郎) 2017/6/4(日) 午後 1:07