黒滝山 観音岩からの展望

投稿日 2016年12月11日

20161210_観音岩からパノラマ.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

写真内の大山は大岩の間違いです。

 

西上州黒滝山の観音岩(幕岩の西端)からの展望(ほぼ360度)です。

 

西上州とは群馬県南西部の南牧川流域一帯のことですが、黒滝山 観音岩はそのほぼ中央に位置します。

 

黒滝山というピークがあるわけではなく、黄檗宗の古刹「不動寺」を中心一帯の山々をそう呼ぶようです。一応不動寺の真上の岩塔が黒滝山山頂(標高870m)とされているようですが、この辺りで最も展望に勝るのは、この観音岩のようで、顕著な一ピークとなっています。

 

観音岩は露岩で構成された立つ場所に困るようなピークですが、岩の側面北側に何体かの石仏、南面に石祠。頂上に観音様が鎮座しています。この観音様は、昔(前回来たとき2007.5.16)は南をお向きでしたが、今回は北側を向いていたため、お顔をうまく拝見できませんでした。

 

山頂は360度の展望で、北側にトヤ山から毛無岩への稜線、大屋山、碧岩、大山、御荷鉾の稜線、稲含山、小沢岳、四ッ又山、鹿岳(かなだけ)、妙義山などが眺められます。

 

この日は少し風がありましたが、空気は澄んでおり遠望が利きました。ただし八ヶ岳などは雲の中で見えませんでした。

 

12月、初冬のピリッとした肺に染み通るような空気の中の山行でした。

 

 

 

 

 

 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • 肺にしみるようなそんあピリッとした空気、わかるような気がしますが、寒そうで。 2016/12/11(日) 午後 5:24

  • 寒くなってきましたね。朝外に出たときの新鮮な空気がおいしいです。(熊五郎) 2016/12/11(日) 午後 7:28