山梨百名山 石割山 2016年10月01日 小雨のち曇り 13名

投稿日 2016年10月03日

 

地元のハイキングクラブで、山梨県河口湖近くの石割山(いしわりやま)に登りました。

山中湖に隣接する石割山

貯水池の下に駐車場とトイレがある

今回は反時計回りの周回ルートをとった

(国土地理院電子国土地図をカシミール3Dでカットし情報追加)

20161001_石割山01.jpg
20161001_石割山02.jpg

駐車場前の黄色い橋を渡り、鳥居をくぐって登山開始

すぐに403段の石段となる

体が温まっていなので、いきなりの急登はつらい

この石段は石割神社の参道のようだ

 

この山には、名前の通り、亀裂の入った巨大な岩が八合目辺りの中腹に鎮座する山です。その岩の基部には石割神社が祀られています。

20161001_石割山03.jpg

403段の石段

狛犬が迎えてくれる

途中から中央に手すりが設けられているので助かる

 

 

この山は基盤が花崗岩のようで、ところどころに大きな花崗岩が露出しています。登山道には風化した花崗岩が顔を出しているところもありますが、概ね、その上に粒のあらい黒檀色(#250d00)の火山灰がかぶさっています。富士の火山灰でしょうか。粒が粗く粘土化していないので、あまり滑ることはなく、歩きやすいのですが、急斜面となると話は別で、今度はコロコロとした粒が滑る原因となります。

20161001_石割山04.jpg

石段を登り終えると東屋がある

その上は自然林の中の緩やかな道が続く

 

花崗岩の巨石は、摂理に沿って大きく割れることが多いようで、亀裂はスッパリと長く入り、その切り口が徐々に風化して丸くなり、花崗岩特有の景観が生まれます。

20161001_石割山05.jpg

石割神社に到着

小さな社の傍に巨岩が鎮座する

説明では「石」の字のように割れているようだ

この岩と後ろの岩の間の亀裂を通り抜けることができる

三回通り抜けたら厄払いになるそうだ

岩には立派な〆縄が掛けられている

ここは石割山の八合目にあたる

 

石割山の名前の元になった巨石も花崗岩で、大きな亀裂が入って、岩と岩の間を人がやっと通れるくらいの隙間となっています。何でも、その隙間を三回通過すると厄払いになるとか。そんなことを思わせるパワースポットであることは間違いありません。

20161001_石割山06.jpg

石割神社から上は笹まじりの樹林の急登となる

段差が大きいところがあるので、木の根っこをつかんで強引に登る

この段差は下りは危険なので、この道を登りに使った方がよいと思う

 

 

今回は地元のハイキングクラブのメンバー13人で登りました。到着時、駐車場で少し雨がパラパラと落ちてきましたが、いつしか止んで、登山中は曇天ながら雨に打たれる事はありませんでした。

 

ルートは貯水池の下にある駐車場から長い石段を上って、東屋、石割神社、石割山山頂、平尾山と辿って、駐車場に戻る、一般的は周回ルートです。駐車場にはトイレがあります。駐車は15台程度でしょうか。

20161001_石割山07.jpg

石割山山頂 標高1413m

富士の展望台だが、この日は全く見えなかった。残念!

少し傾斜があるが広い山頂で、思い思いに弁当を広げた

すぐ近くを送電線が通過している(鉄塔が見える)

 

 

天気が良ければ大平山まで足を延ばす予定でしたが、当日は雨上がりの曇り。展望がまったくなかったので、平尾山から下ることにしました。天気が良ければ富士や眼下の山中湖が眺められたのですが、残念です。石割山の山頂は木が払われて眺めのよさそうな平地となっており、思い思いの場所で弁当を広げることができます。

20161001_石割山08.jpg

平尾山山頂

広い山頂で、ここも富士の展望がよさそう

晴れていたら隣の大平山まで足を延ばしたかったが、ここで引き返し

200mほど戻ったところの平野への分岐を下った

 

 

ルートは危険な個所はありませんが、先に石割山に登る反時計回りをお勧めします。石割神社から上が急登で、段差の大きいところの通過は下降では危険です。平尾山から駐車場までの道は傾斜が緩く下降に向いています。平尾山から少し割石山方向にもどり、途中の平野方面を示す道標に従って下ります。ただし途中の道標で、左下の駐車場、貯水池方面に分岐を下ります。最後に沢を渡渉して、林道に出、治水ダムのしたを回りこめば、元の駐車場です。

 

われわれが登ったときはガスが出ていたのでよくわかりませんが、石割山山頂と平尾山山頂は展望がよいようです。ただし石割山と平尾山間の尾根筋は樹林で展望がありません。植林を守るためか北面に金網が張ってあります。

 

お風呂は山中湖IC近くの紅富士の湯にしました。 

 

メンバーの皆さん、お疲れさまでした。

 

 

(熊五郎)