白山で出逢った花たち

投稿日 2015年08月04日

2015年07月31 - 8月2日

 

久しぶりに登った白山で、多くの花たちに逢ってきました。

 

白山は、日本百名山のひとつでもあり、「ハクサン」の名を冠した高山植物が20種ほどあることでも知られる花の山です。

 

私にとっては、30年以上前、夏と5月に何度か登った白山ですが、その30年間にどのように変化したか、内心恐る恐る確認する意味もありました。

 

今回登って、それはそれは日本人(外国の方はどうか知りませんが)というのは素晴らしいと思いました。とにかく自然がよく保護されており、30年も前に見た「クロユリ」がまったく同じ場所に同じように咲いている姿を見て、感激せずにはおれませんでした。関係されている方、およびマナーのよい登山者の方々に感謝してもしきれない思いです。若いころから山に登って来た者にとって、自然がそのまま残っていることほどうれしいことはありません。

 

あんなに多くに人が登る山であり、近年益々の登山ブームですから、山小屋や登山道の整備、拡張、木道の設置、治水など、自然を一部改造することの必要性は仕方ないことです。実際白山も30年前に比べて随分整備されていましたが、どれを見ても自然を残すことを第一によく考えられた整備がされていると感じました。中でも治水工事は砂防新道近くの崩壊が進む不動滝下部、上部では重機が入って工事が行われています。なんとか最低限で効果の大きい工事となることを祈るのみです。

 

砂防新道、南竜ヶ馬場周辺、アルプス展望台上部、室堂周辺、山頂周辺、お池巡り周辺、別山への稜線、チブリ尾根にて

20150731_白山32.jpg

稜線は這い松と草と花の斜面

別山に向かう稜線上から

油坂の頭と遠くに白山山頂

20150731_白山の花40.jpg

池のあるのどかな稜線

天池から御舎利山と別山(奥)

20150731_白山の花43.jpg

急斜面に咲く花たち

ミヤマキンポウゲの群生

20150731_白山の花42.jpg

雪解け跡に咲くハクサンコザクラの群生

夏を待ちかねたように、雪解け跡に一斉に芽吹き花を咲かせる

高山の夏は短い

20150731_白山の花01.jpg

ヨツバシオガマ

やさしいピンクの花

鶴のくちばしのような形

20150731_白山の花02.jpg

ミヤマキンポウゲ

キンバイに似た艶のある黄色い花をつけるが、こちらは草丈がある

よく群生しているのを見る

20150731_白山の花03.jpg

ハクサンアザミ(?)

アザミは何種類かさいているようだ

ハクサンアザミは葉の付け根が茎を巻いているかで見分ける

20150731_白山の花04.jpg

ミヤマカラマツ

モミジカラマツと間違いやすいが葉の形がまったく違う

20150731_白山の花05.jpg

ハクサンフウロウ

白山で最もよく見かける花

他の山のハクサンフウロウよりも色が濃いものが多い

結実後、実を飛ばす仕組みが面白い

20150731_白山の花06.jpg

ミヤマシシウド

園芸種のレースフラワーに似る

この花には遠い景色が似合う

20150731_白山の花39.jpg

チシマザサ(標柱の後ろ)

これがはびこりつつあり、高山植物が追いやられているらしい

20150731_白山の花07.jpg

ハクサンコザクラ

白山を代表する花

可憐で美しい

雪解けを待つようにすぐ芽を出し、葉が小さいうちから花が咲く

20150731_白山の花08.jpg

イブキトラノオ

匂いは少し臭い

蝶ではなく、どちらかというとハエなどを集める

20150731_白山の花09.jpg

ミヤマリンドウ

このようなリンドウ系の花は早朝や天気の悪い日は花が閉じている

20150731_白山の花10.jpg

コバイケイソウ

中心の花だけ雌花。下の花房は雄花

他の山より小振りなのは白山の雪の多さが影響しているようだ

20150731_白山の花11.jpg

クロユリ

若い株は一輪で咲いたり、雄花をつける

充実してくると雌花や写真のような二輪咲きになる

花弁の裏側は少し黄色みを帯びている

室堂周辺、南竜のお庭、別山への稜線で見かけた

20150731_白山の花12.jpg

クルマユリ

直径8cmくらいの小さなユリ

咲き進むと花弁が反り返って可愛い

濃いだいだい色で目立つがあまり群生はしていない

20150731_白山の花38.jpg

イワギキョウ

室堂から白山山頂に向かう道で

岩の隙間などに張り付くように咲いている

20150731_白山の花13.jpg

ミツバノバイカオウレン

愛らしい白い花

20150731_白山の花14.jpg

ミヤマキンバイ

草丈は低く地面に張り付くように咲いている

キンポウゲほど光沢はないが、緑の上に黄色が映える

ハクサンコザクラと一緒に群生していることが多い

これも雪解けの跡に咲く

20150731_白山の花15.jpg

名前不明

小さな可愛い花をつけている

岩交じりの登山道にて

20150731_白山の花16.jpg

チングルマ

高山植物として有名な花

ただし草ではなくバラ科の木

花が終わると耳かきのような房が風に揺れる

20150731_白山の花17.jpg

ミヤマアキノキリンソウ

登山道の脇からはみ出るように咲いている

20150731_白山の花18.jpg

ミヤマガラシ(?)

黄色の細かい花

岩混じりの登山道で

食べると辛いらしい

20150731_白山の花19.jpg

キバナノコマノツメ

オオバキスミレに似ているが、葉が違う

こちらはタチツボスミレに似た丸い葉

20150731_白山の花20.jpg

名前不明

触るとしっとりとした感触

20150731_白山の花21.jpg

名前不明

細かい黄色の花をつけている

咲いているのかまだつぼみなのかわからない

20150731_白山の花22.jpg

ツマトリソウ

草丈の高い草の下などにひっそり咲いている

20150731_白山の花23.jpg

名前不明

非常に濃い紫の花で目立つ

群生で咲くようで、あまり広範囲には見かけない

別山への稜線で

20150731_白山の花24.jpg

イワイチョウ

雪解けの跡に丸いイチョウのような葉を出す

ハクサンコザクラとともに群生していることが多い

雪田の跡の斜面にびっしり群生している

20150731_白山の花25.jpg

タカネマツムシソウ

園芸種のスカビオサに近い

鮮やかな藤色で大きいものは5cmくらいの花をつける

あまり群生はせず、稜線にポツリポツリと愛らしく咲く

20150731_白山の花26.jpg

ヤマハハコ

ハハコの類は多い

ウスユキソウとも近縁ではないかと思う

20150731_白山の花27.jpg

トリカブト

有名な毒草

花が小さな野鳥がかぶる縦長の兜の形をしている

よく沢筋のくらいところで見かけるが、ここは稜線の道端

20150731_白山の花28.jpg

イワカガミ

この「花も雪解け跡に咲く

あまり多くは分布していないが広範囲に点在して見られる

他の山で見るイワカガミよりかなり小振り

20150731_白山の花29.jpg

ハクサンイチゲ

これもハクサンの代表種

日差しを受けて白く輝く美しい花

20150731_白山の花30.jpg

ハクサンシャジン

ツリガネニンジンの近縁種

これを見ないと白山から帰れない花

チブリ尾根でようやく見つけ安堵

ブローチにしたくなる

20150731_白山の花31.jpg

ヨツバヒヨドリ

つぼみのときは粒粒のあつまり

咲くとこのようにふんわりと

20150731_白山の花36.jpg

キヌガサソウ

池の向こうで咲いているので近寄れない

大きな木の根元などすこし日陰で見ることが多い

大きく広がった中心も白く大きな花をつける

20150731_白山の花32.jpg

ヤマアジサイ

チブリ尾根のブナの林床で見かけた

この白花のほかに青、ピンクが同じ場所で咲いていたのは珍しい

20150731_白山34.jpg

ブナの樹林

チブリ尾根の下部は有名なブナの美林

20150731_白山の花34.jpg

アオモリトドマツ

登山道を歩いているといい匂いが漂ってくるのはこのトドマツ

青い大きな実をつけ、ホシガラスの大好物

実は鳩時計にぶら下がる重りにデザインされている

見えているのは南竜ヶ馬場の野営地

20150731_白山の花35.jpg

ハイマツ

アオモリトドマツの上はハイマツ帯と高山植物の咲く草原状となる

濃い緑はほとんどがこのハイマツ

20150731_白山の花37.jpg

シラカバ

白山ではあまり見かけなかったが

登山道の脇で、登山者を迎えるように立っていた

砂防新道にて

 

 

お願い

花の名前は間違いがあるかもしれません。また不明の花もいくつかあります。

判明し次第訂正します。

もしわかりましたが教えていただけると助かります。

 

 写真には撮りませんでしたが、以下の花も確認しています。

ギボウシ

ミヤマコゴメグサ

ニッコウキスゲ

シモツケソウ

シラタマノキ

ショウジョウバカマ

ハクサンオオバコ

カライトソウ

ウラジロナナカマド

ゴゼンタチバナ

ハクサンシャクナゲ

アカショウマ

リンドウ(名前不明)

 

 

 

(熊五郎)