聖徳太子十六歳のお姿

投稿日 2014年11月19日

20141118_飛鳥寺聖徳太子像.jpg

また用事があって関西を訪れた。

 

中学生のころだったか、林間学校で高野山に宿泊し、宿坊の大広間でお坊さんの説教があった。

 

正座させられて1時間ほどだったろうか。

 

私の前のらん間には、美しい天女が彫りこまれていた。

 

私はその天女の美しい顔に見惚れたまま、説教はまるで耳に入らなかった。

 

今ではその宿坊はわからないが、天女の美しくやさしい顔は覚えている。

 

多感なころだったのだろう、そのお顔に母性や女性の魅力など、さまざまなものを感じていた。

 

やさしいお顔の観音様に惚れてしまったりすることは、古寺を訪れるとよくあることだ。

 

この聖徳太子十六歳の立像もその一つとなった。

 

聖徳太子が病床の父、用明天皇を見舞ったときのお姿らしい。

 

この像のある寺では、めずらしく自由に撮影してよいとのこと。

 

さてその寺とは。

 

 

 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • 関西にあるんですか?全然違うところで出会ったった気がするのですが、思い出せません。私が好きになったというより憧れたのは阿修羅像でした。 2014/11/19(水) 午後 10:14

  • 寺名は写真をよく見ると写っていますが、別名で有名な日本最古の寺です。2014/11/20(木) 午前 7:46