リンドウの咲く小径

投稿日 2014年11月09日

20141108_明神ヶ岳1.jpg

箱根の明神ヶ岳に登ってきた。

 

目的は紅葉だが、ことしの紅葉はいまいち冴えないようだ。

 

天気もよくなかったせいもあったが、歓声のあがるような紅葉ではない。

 

それで、頭上を見上げてもしょうがないので、ついつい足元ばかり。

 

そこには、リンドウ、マツムシソウ、野菊、アザミなどなど、

 

深まりし秋と言えども、まだ頑張って咲いている花々。

 

そのなかで、ひときわ鮮やかな青い花 リンドウ

 

午前中は寒さのせいか、日差しがなかったせいか、

 

渦巻き状に閉じていた花が、午後になるときれいに開いていた。

 

リンドウは3000m級の高山から数百mの低山まで幅広く分布している花で、

 

ほとんどが空色や青紫だか、白いのも見られる。

 

草丈も様々だが、今回見かけたリンドウは短くかわいい。

 

園芸種で仏花などに使われる高生段咲きのリンドウは、長野や東北が産地だが、

 

出回るのは夏から10月半ばくらいまでだが、

 

野生のリンドウはまだたくましく花をつけていた。

 

 

(熊五郎)

 

 

コメント(2)

  • 庭にも竜胆咲きます。暑いのに可哀想ですが。 (agewisdom) 2014/11/9(日) 午後 3:10

  • 竜胆と書くんですね。可憐な花です。 ​(熊五郎) 2014/11/9(日) 午後 7:09