不思議な花 彼岸花

投稿日 2014年09月25日

IMG_3518.jpg

庭に咲いた彼岸花(リコリス)

 


お彼岸も終わろうとしています。

 

彼岸といえば彼岸花。

 

彼岸花が咲かない秋彼岸は考えられません。

 

というと、大げさかもしれませんが、そこここに咲く彼岸花。

 

その多くは真赤なあの彼岸花ですが、最近は色違いもいろいろ。

 

リコリスとして園芸店で売られていますが、彼岸花として売るのはちょっと抵抗があるのでしょうか。

 

我が家には黄色もありますが、それは彼岸直前に咲いてしまいます。

 

この淡いクリーム色の花は、ほぼ真っ赤な彼岸花と時を同じくして咲きます。

 

北海道以外で見られるというこの花。

 

地方名の多さには驚かされます。昔から身近な花なのでしょう。

 

http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/sizen/higan_name.html

 

全国的に知られているのは彼岸花のほかに曼珠沙華でしょうか。

 

一方で不吉な花、毒草として嫌われることもあるようで、

 

万葉集に登場するのはこの一歌しかないようです。

 

「路の辺の 壱師 ( いちし ) の花のいちしろく 人皆知りぬわが 恋妻 ( こいづま )は」 柿本人麻呂

 

全国的な国民花とも言えそうな彼岸花ですが、万葉集にただ一歌とは?

 

壱師 の 花が彼岸花かどうかもあやしいらしいのですが、

千を超える呼び名がある花が万葉集に登場しないのは不思議です。

 

 

  

(熊五郎)

コメント(2)

  • ・曼珠沙華と書くとジャガタラお春をイメージするせいかエキゾチックなイメージがあります。死人花はひどいいいようですね。身も蓋もない感じ。リコリスの名が来た由来のリコリンは毒だと聞きました。今年は腰を痛めて巾着田の群生を見に行けなくて残念です。(agewisdom) 2014/9/25(木) 午後 1:45

  • ・巾着田の彼岸花は有名ですね。毎年ニュースで取り上げられます。彼岸花の名前には、花と葉が同時に出ることがないことから、出会えない二人を表現したロマンチックな名前もあるようです。腰を痛めておられるとのこと、お大事にしてください。(熊五郎) 2014/9/25(木) 午後 8:12