山がほほ笑んでいた朝

投稿日 2014年08月27日

訳あって、一泊入院した。

 

検査入院だから今のところ気は楽なもんだが、

たとえ一泊でもとらわれの身?となったわけだ。

 

とらわれの身となると、いつもとは違う時間が流れる。

 

友人に借りた山の本はもちろん傍らにある。

地質に目覚めた友人が勧めてくれた。

ヤマケイ文庫「槍・穂高」名峰誕生のミステリー

PHPアーカイブス Vol.7

 

この本を読み終えたら次に読む本は...と考えた。

 

そうだなぁ。

病院の売店で買える本で私が読むとしたら、

そのへんの現代小説でもなければ、週刊誌でもない。

 

そこで思い浮かんだのはPHP。 このへんかな?

 

今の本を読み終えたら買いに行こうと、

ぼやーっと、考えていた。

 

そこに昼食を食べに行っていた妻が帰ってきた。

 

おもむろに取り出したのは、ベビーチョコ。

これはこれは、私の好みを知っていらっしゃる!

 

その次に取り出したのは、なっ、なっ、なんとPHP!

わたしは驚いた。

妻「暇でしょ」の一言。

 

まぁ、長年一緒に暮らしていると、読みたいものまでわかるらしい。

病院の売店だから品数はしれているとはいえ、びっくり。

 

私「よく読みたいと思ってた本、わかったなぁ。」

妻「そのくらいはね」

 

この妻を大事にしなきゃと思った一瞬だ。

 

 

いつもと違う時間を得た私。

 

翌朝

病院の窓から格別の気分で、

ちょっとほほ笑んでいるような雨上がりの山を眺めていた。

 

 

 

 

 

(熊五郎)

 

コメント(2)

  • 素敵なご夫婦!!うごけないわたしをおいて夫は学会にいってあしまいました。 2014/8/27(水) 午後 11:52

  • どこかお怪我でも?宇都宮でしょうか。ご主人お忙しいんですね。(熊五郎) 2014/8/28(木) 午前 0:06

山が微笑んでいた朝.jpg