ふたりのひと時

投稿日 2010年08月04日

IMG_4616_1w.jpg

槍ヶ岳を前に たたずむふたり (2010/8/3 早朝 蝶ヶ岳にて)


 

互いに思う人と、山に来ることほど、

 

その人の人生にとって、幸せなときは無いだろう。

 

このふたりは、これから朝日をあびようとする槍ヶ岳を前に、

 

何を思い、何に夢ふくらませたのであろうか。

 

私も思い出す、彼女との山。

 

もうずい分昔のことだ。

 

その彼女とは、残念ながら結ばれなかったが、

 

私のように今も、あの山をなつかしく思い出すなら、

 

どうかこのブログを見つけてくれないだろうか。





 

(熊五郎)

 

コメント(6)

  • 寄り添って山を見ているお二人、きっと鼓動までが一つになっていることでしょう。同じ時を共有した想いは決して忘れられないでしょうね。 2010/8/4(水) 午後 10:07

  • agewisdomさん、しあわせになるふたりのためには、こういう時間は必要ですね。(熊五郎) 2010/8/4(水) 午後 11:23

  • 熊五郎さん、こんにちは。槍ヶ岳の旭日が昇る瞬間を期待しながら、自分達未来も確認し合っているようです。
    山男はいつまでもロマンチックでいますね。ポチです。
    らくがき楽ちん ] 2010/8/5(木) 午後 2:22

  • らくがき楽ちんさん、団体さんはおじさんおばさんが多いですが、このようなアベックもよく見ます。高山に登ってくるわけですから、どちらも山慣れた感じの人たちですが、いつもほほえましく感じています。(ロマンチストの熊五郎) 2010/8/5(木) 午後 9:17

  • 「アベック」はもう死語らしいですよ。会社で笑われました。「カップル」だそうです。(笑)私は、残念ながら、好きな女性とこような経験はありません。きっと本当に、幸せを感じているのでしょうね。撮っている熊五郎氏の優しさも伝わってきます。 朝刊太郎 ] 2010/8/11(水) 午前 11:06

  • 朝刊太郎さん、アベックやめときます。娘にも笑われそうです。若いときにこのような共通の思い出を持つことは大事ですね。それが山だなんて最高です。このふたりはきっと幸せになるのでしょう。(熊五郎) 2010/8/11(水) 午後 2:04