投稿日 2010年06月29日

山の神 往時の夢の 峠みち

(やまのかみ おうじのゆめの とうげみち)

峠道.jpg

西上州 黒滝山にて

 

 

 

 

群馬県の一角、西上州には、

 

山々の中に、町や村、そして小さな村落が点在しています。

 

山は、里に隣接し、いつも人の生活の匂いがしています。

 

それは遠く高い山ではなく、

 

人が柴を刈りに行く山であり、

 

斜面を耕す山でもあります。

 

そんな生活を結ぶ、峠道。

 

そのほとんどは、今はもう、廃道ですが、

 

必ずと言ってよいほど、そこには山の神が祭られています。

 

そこには静かな時が流れ、今では往時をしのぶのみです。

 

その時の流れの中で、登山者が手を合わせて行きます。




 

(熊五郎)

 

コメント(4)

  •  

    山の神は女性なのですね。だから女人禁制となっている祀りごとが多いと聞きました。嫉妬深いのでしょうか。「うちの山の神が…」なんてここから来たのかしら。私も山の神ですが。この祠はとても慎み深い神様がおいでのように見えます。 

     

     

    2010/6/29(火) 午後 7:23

     返信する

  •  

    agewisdomさん、そうらしいですね。美人ほど嫉妬が深くなるといいます。私は女性と登山したことがありますが、真っ黒に日焼けした女性であれば問題ないようですね(笑)。山の神は農耕の神でもあるらしく、麓の人たちが大事にするのも分かります。うちにもかみさんが居り、頭が上がりません。(熊五郎)

     

     

    2010/6/29(火) 午後 11:58