雪洞を掘る

投稿日 2010年01月01日

雪洞.jpg

雪洞を掘る 3月の北八ヶ岳




 

雪山では勿論テントを持参しますが、

 

雪がたっぷりあり、締まっていれば雪洞を掘ります。

 

雪洞は意外と暖かく、静かな夜を過ごせるからです。

 

歩いているときは邪魔なスノースコップですが、このときは大活躍。

 

ひとりが楽に寝られる位の大きさに掘ります。

 

棚を作って、キャンドルをセットし、明かりを灯します。

 

水が滴らないよう、天井を滑らかにして、空気穴を開け、入り口をふさぎます。

 

どんな吹雪の夜も、雪洞の中は別世界。

 

キャンドルの明かりに照らされて、天井が宝石のように輝きます。

 

このときは二人用の雪洞を掘りましたが、入り口を大きくしてしまいました。

 

中で温かいものを作り、静かな夜を語りながら過ごしました。




 

(熊五郎)

 

コメント(5)

  • これまた65年前関東に大雪が降りました。3月でした。戦争中なのにカマクラをつくりました。嬉しかった。ふとそれを思い出しました。食べたのは多分乾燥芋。二人で何を召し上がりましたか。きっと特別の味がしたことでしょうね。 2010/1/2(土) 午後 6:03

  • agewisdomさん、そうですか。東京でカマクラとはびっくりです。七輪で乾燥芋を焼いて食べたのでしょうか。写真の時は、よく覚えてませんが、たぶんレトルトのカレーや、コンソメスープなどの簡単なものです。お湯は壁を削って作ります。(笑) 年を越す場合は、おせちの真似事もやるんですよ。(熊五郎) 2010/1/2(土) 午後 6:57

  • おめでとうございます。写真に写っているのは奥様?楽しそうですね・・・ところで、熊五郎さんは、関西出身でしたか・・・
    なぜまた、利根川沿いに居住を移されたのでしょう?なぞは置いといて・・・今年も、また良いアドバイスをお願いします。
    お正月、私は金峰小屋に泊まり、一杯やってきましたよ。ではでは・・・
    on the earth ] 2010/1/4(月) 午前 11:50

  • 明けましておめでとうございます。ことしもよい「山」でありますように。ところで、写真は男でっせ!!若い本人でございます。お正月を金峰小屋でとはうらやましいですね。ドブロクですか。私は仕事柄年末は動けません。若いときは山で年越したもんですけどね。なぜ利根川かはおいおい。(熊五郎) 2010/1/4(月) 午後 1:07

  • ありゃ・・・失礼いたしやんした・・・ on the earth ] 2010/1/4(月) 午後 7:18