山座同定の楽しみ

投稿日 2009年11月06日

パノラマ20091103w.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

利根川の土手から 西方の展望(11月初旬の夕方)

自宅前から360富士_鼻曲山間w.jpg

(画像を一度左クリックし、次に右クリックして新しいタブで画像を開いて拡大してご覧ください)

同じ場所からのカシミール3Dによる展望図

 

山頂などに立って見える山の名前を当てる、いわゆる山座同定は、山に登る楽しみのひとつです。

 

山頂に立つと、慌ててカメラのシャッターを押すが、見えた山の記憶がないことがあります。

 

強風で寒かったりすると仕方ないことですが、余裕があれば、360度どのような山が見えるのか、地図とにらめっこしながら確かめたいものです。

 

そうすれば、それらの山への興味がわき、次に登る山も、そのとき決まることが多いからです。

 

山座同定のためにできれば用意したい物
・広域の地図 20万分の1地図など
・コンパス
・双眼鏡
・パノラマ撮影のできるカメラ
・パソコンとソフト(カシミール3D) 自宅で確認するため


 

(熊五郎)