山に何も期待してはいけない

投稿日 2009年10月26日

群馬県内のある山でのこと。

 

時おり小雨の生憎の天気。山頂での展望は得られませんでした。

 

下山し車を停めた駐車場に帰り着きました。

 

すでに他県ナンバーの車の傍で、帰り支度をしている数人のメンバー。

 

私たちがリュックを下ろすをの見て、聞こえるように言うのです。

 

「こんな山、二度と来たくないね。俺たちの県にはもっといい山がある。」

 

群馬ナンバーの我々の車を見て、愚痴ってみせたのでしょう。

蓬峠2.jpg

沢の源頭 谷川岳 蓬峠付近

 

何が不満でそう言ったのかは不明ですが、山屋のひとりとしてまったく情けなく思いました。

 

山にどのような優劣があるのでしょうか。

 

天気に何の落ち度があるのでしょうか。

 

山に登るものとして、山をそのまま受け入れ、そのときの天気とともに味わうべきではないでしょうか。

 

登山する者は、「山に何も期待してはいけない」と、私は思う。

 

(熊五郎)