剱岳「点の記」観てきました。

投稿日 2009年06月29日

剱岳「点の記」観てきました。
山屋としては、こういう映画たまらんです。
小説を読んでから観ましたが、全体的に描ききれてないという感じ。
まぁ、2時間ほどで描ききるのは無理かも知れませんね。
しかし、小説では想像でしかない風景が、映画では目の前にド迫力で迫ります。
何度も猛吹雪や暴風雨の場面が出てきますが、あの状況で行動するのは、
実際の山ではありえません。
問題の山頂への登路はどこを選ぶのかという点。
映画の中ではあっさり決めて、あっさり山頂に立ってしまうところが、
アレレと思ってしまうところ。
映画の中に、現在われわれが使っている道具が出てきます。
私も愛用してます。
あれは、たぶん山心のある撮影スタッフのいたずらだと思うのですが。
とにかく、剱岳に登りたくなりました。
ことしの剣は混むぞ!

 

「剱岳「点の記」 プロモーション」


 

 

(熊五郎)