セラミックフィルターの特性を実測する その2

投稿日 2021年10月27日

IFT_55実測3.jpg

一回目 セラミック・フィルターの特性を実測する に引き続き、その2として、現在秋月電子で販売されているセラミック・フィルターの特性をNanoVNAで実測してみました。

 

このような特性のよいフィルターが簡単に入手できることは喜ばしいことですね。このような部品は村田製作所が有名ですが、秋月電子の商品説明によると台湾のYICというメーカーのようです。

今回計測したのは以下の4種のセラミック・フィルターです。秋月電子の商品欄から、型番と-6dBの帯域幅は以下のようになっています。

LT455BU ±15KHz

LT455EU±7.5KHz

LT455HU±3KHz

LT455IW±2KHz

いずれも中心周波数が455KHzのフィルターです。下にそれぞれの計測画面を掲載します。

NanoVNAの設定は、START FREQ 0.305MHz STOP FREQ 0.605MHz CEBNTER FREQ 0.455MHz(455KHz)としました。

計測回路はYIC LTシリーズのデーターシートに載っているものと同じです。

​通過帯域幅の実測結果は以下の通りです。帯域幅は-6dBの点をとりたいところですが、計測ポイントが粗いため置けませんので適当です。そのためHU以外、規格よりも狭目になっています。

LT455BU 24.1KHz

LT455EU 12.2KHz

LT455HU 6KHz

LT455IW 5.2KHz

いずれも中心周波数は455KHzです。通過帯域外の減衰量は25dBくらいですが、LT455IWのみ35dBくらいあるようです。

IFT_LT455BU.jpg

LT455BUの特性

CENTER FREQ 455KHz

​帯域幅 約24.1KHz

IFT_LT455EU.jpg

LT455EUの特性

CENTER FREQ 455KHz

​帯域幅 約12.2KHz

IFT_LT455HU.jpg

LT455HUの特性

CENTER FREQ 455KHz

​帯域幅 約6KHz

IFT_LT455IWjpg.jpg

LT455IWの特性

CENTER FREQ 455KHz

​帯域幅 約5.2KHz

(JF1VRR)