6MHH3 共通カソード双三極管

投稿日 2016/12/05

6MHH3は高周波増幅、発振用の双三極管です。HH管と呼ばれている球のひとつです。6J6と同じ共通カソードの中増幅率双三極管です。

6MHH3_01.jpg

東芝 6MHH3

当時の価格で880円となっている

二つの三極部が中央のヒーター&カソードを中心に向かい合った構造(別図参照)

横から向こう側が見える構造のこの球では

カソードとグリッドの隙間を観察できる

 

テレビのチューナーに多用された球で、回路図をあたると国内製の多くのテレビでの採用が見られます。以下はその一例です。

6MHH3_02.jpg

東芝テレビ 14ES のチューナー部

HH管を使用した標準的な回路

6MHH3が局部発振と混合に使われてる

左の高周波増幅は6RHH2がカスコード接続で使われている

誠文堂新光社 無線と実験 501回路集より

7BF.jpg

9Eの間違い

6J6と同じ7BFが採用されている

 

6MHH3のベースピン配置は7BFです。7BFの球は6MHH3のほか、5J6、6J6、6J6A、19J6、5844、5964、6045、6101、7244、7244Aがあります。

6MHH3_06.jpg

6MHH3の電極構造

中央のヒーター&カソードを挟んで左右対称に組まれている

球の側面(図では下から、または上)から覗くと

カソードとグリッドの隙間が観察できる

グリッドは図のようにカソードを取り巻く形ではなく

半周しか巻かれておらず、カソードとプレートの間に挟まっている

 

今回は東芝製の6MHH3を計測してみました。同特性の三極部が2ユニットですが、それぞれ単独で計測し、そのあとパラで計測してみました。

 

 

〇 ユニット1

6MHH3_03.jpg

6MHH3 東芝製 ユニット1

ヒーター電圧/電流  6.3V xxxmA

Ecg -2V Ep 120V

Ip 5.45mA 

rp 9400Ω

gm 3900us

μ 37.0

 

Ecg -4V Ep 150V

Ip 2.78mA 

rp 14300Ω

gm 2280us

μ 27.4


 

 

〇 ユニット2

6MHH3_04.jpg

〇 ユニット1 , 2 パラ

6MHH3_05.jpg

6MHH3 東芝製 ユニット1 + 2 パラ

ヒーター電圧/電流  6.3V xxxmA

Ecg -2V Ep 120V

Ip 13.9mA 

rp 3200Ω

gm 10560us

μ 33.0

 

Ecg -4V Ep 150V

Ip 6.79mA 

rp 5400Ω

gm 6000us

μ 29.0

 

 

 

 

6MHH3 東芝 No. 52

 

 

 

 

(JF1VRR)