6FJ7 異特性複三極コンパクトロン

投稿日 2016/10/26

6FJ7_01.jpg

SYLVANIA製 6FJ7

テレビ受像機の垂直発振、垂直出力用複三極管

小さい三極部(Unit 1)と大きい三極部(Unit 2)が組み込まれている

Unit 1は垂直発振用(Pd 1W)

Unit 2は垂直出力用(Pd 10W)

 

テレビの垂直発振と垂直出力を一本でこなす球です。オーディオでの使用も散見されます。

 

異特性の三極部が2つ組み込まれています。ユニット1が垂直発振、ユニット2が垂直出力用です。類似球は6DN7ですが、こちらはGT管です。

 

ユニット1と2は大きく特性が異なります。

 

ユニット1はμが22.5(実測では20前後)の中μの三極。

 

ユニット2はμが15.4(実測では13.6前後)ですが、最大プレート損失10Wの電力増幅用の三極です。

6FJ7_02.jpg

12ピン Duodecar コンパクトロンでベースNo.は12BMです。このピン配置は6FJ7のみです。

 

Pin1:  Heater

Pin2:  NC

Pin3:  Grid (Section 2)

Pin4:  NC

Pin5:  Plate (Section 2)

Pin6:  IC

Pin7:  Cathode (Section 2)

Pin8:  NC

Pin9:  Cathode (Section 1)

Pin10: Grid (Section 1)

Pin11: Plate (Section 1)

Pin12: Heater

 

 

今回はSYLVANIA 6FJ7のEp - Ip特性、Eg -Ip特性を計測しました。  

 

○ ユニット1

6FJ7_03.jpg

SYLVANIA 6FJ7 (398) ユニット1 Ep -Ip特性(実測)

6FJ7_04.jpg

SYLVANIA 6FJ7 (398) ユニット1 Eg -Ip特性(実測)

 

6FJ7 No.398 SYLVANIA製 ユニット1 垂直偏向発振用

ヒーター電圧/電流  6.3V 866mA

Ecg -6V Ep 180V  ()内は規格値

Ip 4.28mA 

rp 10200Ω  (9000Ω)

gm 2140us   (2500us)

μ 20.2 (22.5)

 

Ecg -8V Ep 210V 

Ip 3.21mA

rp 11900Ω 

gm 1840us 

μ 19.8 

 

○ ユニット2 

6FJ7_05.jpg

SYLVANIA 6FJ7 (398) ユニット2 Ep -Ip特性(実測)

6FJ7_06.jpg

SYLVANIA 6FJ7 (398) ユニット2 Eg -Ip特性(実測)

 

6FJ7 No.398 SYLVANIA製 ユニット2 垂直偏向出力用

ヒーター電圧/電流  6.3V 866mA

Ecg -6V Ep 150V 

Ip 19.3mA 

rp 2300Ω

gm 6700us

μ 16.2

 

Ecg -10V Ep 180V 

Ip 10.8mA

rp 3300Ω

gm 4000us

μ 12.4

 

Ecg -14V Ep 230V 

Ip 10.26mA

rp 3670Ω

gm 3600us

μ 13.6

 

 

ご注意

この実測データはどのくらい使用されてかわからない中古の真空管で行われています。 

 

 

 

 

6FJ7 SYLVANIA No.398

 

 

(JF1VRR)