12MD8(6MD8) 共通カソード・トリプル三極ノバー

投稿日 2015/11/10

12MD8_1.jpg

SYLVANIA 12MD8 クロマ・マトリクス用トリプル三極管

共通カソードの同特性三極部が三個封入されている

9ピンのノバー管 

 

 

カラーテレビ受像機のクロマ・マトリクス回路に使われた共通カソードのトリプル三極管です。

 

中μの三極管です。

 

ベースが9ピン・ノバーの球です。MT管の9ピンとは径が違います。管の幅はコンパクトロンと似ていますが、12ピンではありません。

 

12MD8(6MD8)の使用例はほとんど皆無です。やはり共通カソードの球は用途が限られるようです。

 

ベースピン配置は9RQです。9RQの球には6MD8のほか、6ML8、9ML8があります。

9RQ.jpg

今回は、SYLVANIAの12MD8でEp - Ip特性, Eg - Ip特性を実測してみました。当然ながら各3ユニッはほぼ同特性ですが、それぞれを実測してみました。

 

12MD8 規格

Class./Const. Mid Mu Triple Triode

Outline T-X

Base 9RQ 1.3P 2.2P 3.1P 4.H 5.H 6.1G 7.K 8.2G 9.3G

H.V - 6MD8

Hv 12.6V Ha 0.45A MaxPw 3.0w MaxPv 330V

 

 〇ユニット1

12MD8_2.jpg
12MD8_3.jpg

                              Unit 1 Ep - Ip特性(実測)                                      Unit 1 Eg - Ip特性(実測)

 

 

Unit1 実測:

Hv/Ha  12.6V / 441.3mA

Ecg -2.0V Ep 100V 

Ip 11.1mA

rp 43100Ω

gm 4960us

μ 21.2

 

Ecg -5.0V Ep 140V 

Ip 8.10mA

rp 5260Ω

gm 3360us

μ 16.6

 

Ecg -8.0V Ep 170V 

Ip 4.88mA

rp 7040Ω

gm 2340us

μ 15.4

 

 〇ユニット2

12MD8_4.jpg
12MD8_5.jpg

                              Unit 2 Ep - Ip特性(実測)                                             Unit 2 Eg - Ip特性(実測) 

 

Unit2 実測:

Hv/Ha  12.6V / 441.0mA

Ecg -2.0V Ep 100V 

Ip 11.4mA

rp 4240Ω

gm 4920us

μ 20.2

 

Ecg -5.0V Ep 140V 

Ip 8.60mA

rp 5100Ω

gm 3380us

μ 16.4

 

Ecg -8.0V Ep 170V 

Ip 5.51mA

rp 6760Ω

gm 2380us

μ 14.8

 

 

〇ユニット3

12MD8_6.jpg
12MD8_7.jpg

                              Unit 3 Ep - Ip特性(実測)                                        Unit 3 Eg - Ip特性(実測) 

 

Unit3 実測:

Hv/Ha  12.6V / 441.0mA

Ecg -2.0V Ep 100V 

Ip 9.40mA

rp 5260Ω

gm 4060us

μ 20.4

 

Ecg -5.0V Ep 140V 

Ip 7.01mA

rp 6170Ω

gm 2800us

μ 16.6

 

Ecg -8.0V Ep 170V 

Ip 4.42mA

rp 8060Ω

gm 2000us

μ 15.2

 

  

 

ご注意

この計測はどのくらい使われたかわからない中古の球で行われています。

 

 

 

12MD8 SYLVANIA No.365

 

 

(JF1VRR)