10DE7 垂直発振出力用複三極管

投稿日 2015/09/06

10de7_1.jpg

東芝 10DE7垂直発振出力用複三極管

 

10DE7の計測は二回目です。同じ球で以前計測しています。

 

参考: 異特性複合三極管 10DE7(6DE7)の特性を計測する

改めて今の方法で計測してみることにしました。

 

10DE7(6DE7)は異特性の三極部を二つ封入した複三極管です。

 

ベースピン配置は9HFです。同じ9HFの球には6DR7、6EW7、6FD7、6FR7とそのヒータバリエーションがあります。

 

テレビ受像機の垂直発振と垂直出力用の球です。ユニット1の三極部は増幅度17.5で垂直発振用。ユニット2がは増幅度6.0で垂直出力用です。

 

最大プレート損失はユニット1が1.5W。ユニット2が7.0Wです。

 

当局所有の10DE7のユニット1は、おそらく赤熱などの事故があったようで、特にグリッド電圧が浅いときの特性がサチッていますし、全体が寝ていますので、あまり参考にならないかも知れません。

10de7_2.jpg

東芝 10DE7 ユニット1 Ep -Ip特性(実測)

10DE7_3.jpg

東芝 10DE7 ユニット1 Eg -Ip特性(実測)

 

 

10DE7 No.104 東芝製

ヒーター電圧/電流  9.7V 588mA

Ecg -2V Ep 110V 

Ip 4.82mA 

rp 9800Ω

gm 1940us

μ 17.6

 

Ecg -5V Ep 150V 

Ip 3.26mA

rp 10870Ω

gm 1800us

μ 13.6

 

Ecg -8V Ep 190V 

Ip 1.96mA

rp 12500Ω

gm 1280us

μ 14.4

10DE7_4.jpg

東芝 10DE7 ユニット2 Ep -Ip特性(実測)

10DE7_5.jpg

東芝 10DE7 ユニット2 Eg -Ip特性(実測)

 

 

10DE7 No.104 東芝製

ヒーター電圧/電流  9.7V 588mA

Ecg -5V Ep 70V 

Ip 27.0mA 

rp 868Ω

gm 8000us

μ 7.8

 

Ecg -15V Ep 125V 

Ip 19.3mA

rp 1340Ω

gm 4520us

μ 6.8

 

Ecg -25V Ep 170V 

Ip 12.8mA

rp 2060Ω

gm 2860us

μ 5.6

 

 

 

10DE7 東芝 No.104

 

(JF1VRR)