赤熱した6MJ8のユニット2

投稿日 2015/08/30

6MJ8_11.jpg
6MJ8_10.jpg

GE 6MJ8

同じ特性の三極部が3つ封入されている

各ユニットは12BH7Aよりも一回り小さい

真ん中に見えるユニット2を赤熱させてしまった

 

6MJ8はアナログ・カラーテレビ受像機の共通カソードインピーダンス型マトリックス回路用の球です。RGBの三色に対応するため同じ特性の三極部が3つ組み込まれています。参考: 6MJ8 共通カソード・トリプル三極コンパクトロン

 

先日、3つの三極部をパラ(並列接続)にして特性を実測中、誤ってユニット2を赤熱させてしまいました。たった数秒の出来事でしたが、真ん中のユニットのプレート真っ赤になりました。それも一部分だけでなく、全体が真っ赤っかでした。^-^;;

 

一本しかない6MJ8が赤熱したことは、ひじょうにショックです。hi

 

というわけで、ころんでもただでは起きない私としては、すかさず赤熱後の特性を計測しました。

 

赤熱は以前もありました。そのときは12BH7Aでした。

 

参考: 赤熱した12BH7Aの特性

 

真空管が赤熱するとどうなるかですが、一言でいえば、「同じプレート電圧、同じグリッド電圧でも、プレート電流が流れにくくなる」です。

 

したがって特性が全体的に右に寝て、内部抵抗が大きくなった状態となります。赤熱前と後ではもう同じ球ではありません。12BH7Aのときと同じです。

 

ただし、他の(あと2つの)三極部には、今回の事故の範囲ではあまり影響はありませんでしたが(赤熱時間がもっと長いと影響が及ぶのかも知れません)、厳密に言えば、少し内部抵抗が大きくなっています。

 

このことは赤熱が数秒程度の場合、管内のガスが増加するなどによって、他のユニットに影響を及ぼすようなことはあまりなかったようです。赤熱したユニット2のみプレートの表面などの状態が変わることにより特性が変化したようです。

6MJ8_12.jpg
6MJ8_13.jpg

SYLVANIA 6MJ8 Unit 1 Ep - Ip特性 Eg - Ip特性(実測)

あまり変化が無いが少し右に傾いた

(少し内部抵抗が大きくなった)

 

6MJ8 No.366 GE製 ユニット1

ヒーター電圧/電流  6.3V 867mA

Ecg -2V Ep 60V 

Ip 3.51mA 

rp 6410Ω

gm 2880us

μ 16.0

 

Ecg -6V Ep 115V 

Ip 2.39mA

rp 9260Ω

gm 1700us

μ 14.8

 

Ecg -10V Ep 155V 

Ip 1.10mA

rp 16670Ω

gm 840us

μ 12.8

6MJ8_14.jpg
6MJ8_15.jpg

SYLVANIA 6MJ8 Unit 2 Ep - Ip特性 Eg - Ip特性(実測)

今回赤熱したユニット

特性が大きく変わっている

 

以下のように内部抵抗(rp)が極短に大きくなり、相互コンダクタンス(gm)が減少しているのがわかります。ただし、増幅度(μ)には大きな影響は無いようです。 

 

6MJ8 No.366 GE製 ユニット2 赤熱後

ヒーター電圧/電流  6.3V 867mA

Ecg -2V Ep 60V 

Ip 1.47mA 

rp 29410Ω

gm 840us

μ 14.8

 

Ecg -6V Ep 115V 

Ip 0.71mA

rp 35710Ω

gm 520us

μ 14.8

6MJ8_16.jpg
6MJ8_17.jpg

LVANIA 6MJ8 Unit 3 Ep - Ip特性 Eg - Ip特性(実測)

 ユニット1同様あまり変化が無いが少し右に傾いた

(少し内部抵抗が大きくなった)

 

 

6MJ8 No.366 GE製 ユニット3

ヒーター電圧/電流  6.3V 867mA

Ecg -2V Ep 60V 

Ip 3.89mA 

rp 6100Ω

gm 3040us

μ 15.4

 

Ecg -6V Ep 115V 

Ip 2.62mA

rp 8930Ω

gm 1760us

μ 14.8

 

Ecg -10V Ep 155V 

Ip 1.18mA

rp 15630Ω

gm 920us

μ 13.2

 

 

 

 

 

6MJ8 GE No.366

 

(JF1VRR)