6CW5 三結 電力増幅五極管

投稿日 2015/08/17

オーディオで人気のある球のひとつです。

東芝 6CW5

当時の価格は720円

オーディオ界では人気の球

 

 

ネットを調べると30A5がベースとのこと。

 

低いプレート電圧で動作し、シングルで5W、プッシュプルで18W程度の出力が得られる高能率管ということです。内部抵抗が小さい球です。

 

今回実測したのは東芝の球で新品です。ただし40年以上箱の中で眠っていたもので、取り出すとベースピンの一部に緑青のようなサビが見られました。

 

当時の価格は720円だったようです。

 

6CW5のベースピン配置は9CVです。同じ9CVの球に6BQ5があります。

 

6CW5のヒータバリエーションは、8CW5、10CW5、15CW5、30CW5と多く、さまざまなヒーター電圧で多用されたところを見ると、需要に応えた性能であったことがうかがえます。

 

今回は東芝製6CW5のスクリーン・グリッドをプレートにつなぎ、三結で計測しました。

6CW5_1.jpg
6CW5_2.jpg

東芝製 6CW5 (306) Ep -Ip特性(実測)

 

 

6CW5 No.306 東芝製 三結

ヒーター電圧/電流 6.3V 724mA

代表値 Ep    90V Ecg   -5V Ip  45.7mA

代表値 Ep  150V Ecg -15V Ip  33.6mA

代表値 Ep  200V Ecg -25V Ip   20.9mA

 

Ecg -5V Ep 90V 

rp 770Ω

gm 9880us

μ 8.0

 

Ecg -15V Ep 150V 

rp 1050Ω

gm 6300us

μ 7.0

 

Ecg -20V Ep 200V 

rp 1400Ω

gm 3900us

μ 6.0

 

 

 

 

 

 

6CW5 東芝 No.306

 

(JF1VRR)