6DT5 三結 垂直偏向出力用ビーム五極管

投稿日 2015/07/28

6DT5_1.jpg

RCA 6DT5

テレビ受像機の垂直偏向出力用五極管

 

 

テレビ受像機の垂直偏向出力に使われる五極管は、最大プレート損失(Pw) 5Wから10W程度の球が多いようですが、6DT5のそれは9Wです。偏向角度110度のブラウン管に使われたようです。

 

形は9ピンMTのややずんぐり型。T6 1/2 6-3型です。

 

約3.5mmの幅広のカソードを、6.3V 1.2Aのヒータが温めるため、通電すると赤々と灯ります。同じクラスの五極管6EM5 Pw 10Wは0.8Aですから、6DT5がいかに大食いかわかります。いいところはやや6EM5より背丈が低くコンパクトといったところでしょうか。

 

比較的低いプレート電圧で動作します。

 

ヒータ・バリエーションとしては12DT5、25DT5があります。

 

今回はRCA製の6DT5を三結にし、同じ球で2回Ep -Ip特性を計測してみました。

6DT5_2.jpg

RCA 6DT5 (163) 三結 Ep -Ip特性(実測) 1回目

6DT5_3.jpg

RCA 6DT5(3163) 三結 Ep -Ip特性(実測) 2回目

 

 

6DT5 No.163 RCA製 三結

ヒーター電圧/電流 6.3V 1140mA

代表値 Ep100V Ecg -4V Ip 26.0mA

代表値 Ep150V Ecg -10V Ip 19.7mA

代表値 Ep220V Ecg -16V Ip  25.8mA

 

Ecg -4V Ep 100V 

rp 1600Ω

gm 7000us

μ 10.4

 

Ecg -10V Ep 150V 

rp 2000Ω

gm 5000us

μ 9.6

 

Ecg -16V Ep 220V 

rp 1600Ω

gm 6200us

μ 10.0

 

 

6DT5 RCA No.163

 

 

 

(JF1VRR)