6267 三結 低雑音低周波増幅五極管

投稿日 2015/06/06

6267_A.jpg

6267 NEC製

 

 

アンプの初段に使われる低雑音、高利得のシャープカットオフ五極管です。

 

LUXMANのプリメインアンプ SQ38FDやメインアンプのKMQ60に使われているので有名です。

 

この真空管の外観はちょっと特別です。円筒形のプレートのようなものは、実はシールド板です。

 

ヒーターがバイファイラー巻きになっており、ヒーター・ハムの低減が図られています。

 

初段によく使われる球に6AU6がありますが、6267は6AU6に比べマイクロフォニック雑音が起こりにくいようです。

 

当局の所有は中古の6267二本で、KMQ60で使われていたもののようです。

 

今回は三結で実測してみました。

6267_B.jpg

6267 (192) 三結 Vp - Ip特性(実測値)

 

ヒータ電圧/電流 6.3V 198mA

代表値 Vp 150V Vcg -3V Ip 2.24mA

6FQ7 並列接続のVp - Ip特性(実測値)

Unit1とUnit2の電極をそれぞれ接続して計測

6267_C.jpg

6267 (193) 三結 Vp - Ip特性(実測値)

 

ヒータ電圧/電流 6.3V 197mA

代表値 Vp 150V Vcg -3V Ip 1.48mA

 

()内の番号は当局の保有真空管の管理番号です。

 

 

 

ご注意

この実測結果は、どのくらい使われたかわからない中古の真空管のものです。

 

 

 

6267 No.192

6267 No.193

 

(JF!VRR)