MMANAによる430MHz 6エレ八木の解析

投稿日 2013/05/30

ネットを参考に作った430MHz 6エレメント八木を先日、栃木県足利市の赤雪山移動で使用したところ、非常に強力とのレポートと、まずまずのサイドの切れに気分をよくして、今度はMMANAで解析してみることにしました。(最初にやるべきかな?)

 

設計データは以下の通りです。

 

設計データ(輻射エレメント基準)
エレメント名 全長 輻射エレメントからの距離
反射 350mm -156m
輻射 334mm 0
導波1 308mm 52mm
導波2 300mm 146mm
導波3 300mm 276mm
導波4 290mm 446mm
エレメント径 2mm

 

ネットにある寸法そのままです。

 

エレメントはすべて2mmの銅線を使っています。手で簡単に曲がるたよりないものです。

 

ブームは15mmの角材です。

 

このアンテナはマッチングセクションがありません。
給電部はダイポールですが、エレメントの寸法によってインピーダンスを50Ω近辺にしているとのこと。

430MHz_6ele_4.jpg

MMANA v.1.77

 

地上高 1m リアルグランドでの解析結果は以下の通りです。

 

433.00MHz 垂直偏波
Ga 13.6dB F/B 17dB
SWR(50Ω)
 429MHz 1.06
 431MHz 1.08
 433MHz 1.11
 435MHz 1.14
 435MHz 1.17

 

非常に簡単な構造ながらまずまずの特性ではないかと思います。


 

謝辞: MMANAはJE3HHT局によってフリーソフトとして公開されています。



 

(JF1VRR)