6U8A_99.jpg

6U8A 東芝

 

6U8Aは中μの三極部とシャープカットオフ五極部の汎用複合管です。テレビにおける発振とミキサー用、つまりチューナでの使用を意図しているようです。

 

無線機やラジオでの使用例が多いようです。

 

ベースのPin7は五極部のカソードとサプレッサグリッドですが、三極部と五極部を遮蔽するインターナルシールドにもつながっています。

 

規格値と実測の三定数を以下に記載します。(Ep 125V Eg -1.0Vにおいて)

 

   規格値  実測値
rp  5300Ω  9524Ω
gm   7.5mS  6.2mS
μ   40    40

 

Ep 100V、PL 50KΩ、バイアス-1V、入力信号電圧0.5V(1.0Vpp)で、高調波歪率が1.99%でした。

SIM_6U8A_99.jpg

備考:
手持ち真空管の固体実測データですので、参考程度としてください。
三定数は規格表の参考値となるべく同じ条件で測定していますが、あまり精度は望めません。
高調波歪率は特定条件における負荷線を6次多項式で近似して計算したものです。

 

参考文献:



 

(JF1VRR)