6FQ7.jpg

6FQ7 東芝

 

メーカ:東芝

 

管理番号:100

 

程度:新品 使用時間0h 未エージング(開封してすぐ計測)、特性は良好

 

計測項目:各ユニット、および並列(パラ)接続の場合のEp-Ip特性, Eg-Ip特性

 

実測データ 6FQ7 (Ep 0 - 360V/10V Eg 0 - -20V/-1V Eh 6.30V) -> See 実測データの補足

 

実測データより Ep 90V Eg 0V のIpと三定数

 

     規格参考値  実測UNIT 1  実測UNIT 2 実測パラ接続
Ip(A):     0.01000    0.00945    0.00906    0.01863
rp(Ω):      6700      7576      7813      3861
gm(mS):     3.00      2.94      2.82       5.86
μ:        20       23.04     22.92      23.40

 

実測データより Ep 250V Eg -8V のIpと三定数

 

     規格参考値  実測UNIT 1  実測UNIT 2 実測パラ接続
Ip(A):     0.00900    0.00629    0.00622    0.01265
rp(Ω):      7700      9523      9651      4762
gm(mS):     2.60      2.61      2.56       5.19
μ:        20       19.35     19.55      19.15

 

規格参考値は、GE TUBE DATAより

 

考察:
Ep 250V Eg -8VのIpが規格参考値0.00900Aに対して、両ユニットとも0.0062xAしか流れていません。
rpも規格参考値7700Ωに対して9523Ω,9651Ωと大きくなっています。このため高Epほど(右にいくほど)グラフは寝ています。

 

ナショナル製との比較は下記の記事を参照ください。
関連記事: 6FQ7 ナショ VS 東芝

 

以下は各ユニットとパラ接続のEp-Ip特性です。

 

各UNITのグラフはよく似ており、ユニット間の特性差の少ない球と言えると思います。

 

高EpでのIpが不足していますので、あまり特性のよい球とは言えません。新品ですが、このような球もあるということですね。エージングするとどのように変化するかは興味のあるところです。

Ep_IP_6FQ7_100_UNIT1.jpg

6FQ7 UNIT 1 Pp 4.0W

Ep_IP_6FQ7_100_UNIT2.jpg

6FQ7 UNIT 2 Pp 4.0W

Ep_IP_6FQ7_100_UNIT1_2.jpg

6FQ7 UNIT 1 + 2 パラ接続 Pp 6W



 

実測データの補足:

 

○ファイルはエクセル2007 マクロ無しのxlsxファイルです。
○最上部はヘッダで、カラーの部分は計測パラメータです。
○データはUNIT 1, UNIT 2, UNIT 1+2(パラ接続)の順に収録されています
○データにはEp-Ip特性データと、そのグラフ、およびEg-Ip特性データとそのグラフが含まれています。
○rp, gm, μはEp-Ip特性データから計算したもので、各Epの値をグラフにしてあります。
○最後のデータとグラフはUNIT 1とUNIT 2のEp-Ip特性データの特性差を表したものですが、未完成です。


 

ご注意:

 

真空管について熟知しているわけではないので、間違いがあるかも知れません。参考程度としてください。このデータに関連した被害や損害の補償はいっさいできません。




 

(JF1VRR)